fbpx

トランプ弾劾なら大戦争ルートへ?北朝鮮情勢「本当の瀬戸際」を読む=高島康司

複数のシンクタンクによると、いまトランプ降ろしに躍起になっているのは、来る北朝鮮攻撃を局地戦ではなく大戦争にしたい勢力であるという。ただ、直近の情勢はここに来て逆転し、トランプ有利の方向に進みつつあるようだ。(『未来を見る!ヤスの備忘録連動メルマガ』高島康司)

※本記事は、未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ 2017年5月26日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

局地戦か?大戦争か?半島有事の帰趨を握るロシアゲートに新展開

「来春、北朝鮮攻撃」に関する続報

今回最初のテーマは、来春に起こるかもしれないアメリカ主導の北朝鮮攻撃に関する続報である。

前回メルマガの記事では、複数のシンクタンクの分析レポートが、来春にも北朝鮮の攻撃に踏み切るとの極秘合意がすでに米中ロの間で成立している可能性を匂わしていることを紹介した。

今週はさらに多くのシンクタンクのレポートで、ほぼ同じような内容が示唆されている。特にロシアのシンクタンクでは、さらに詳細な情報を匂わすレポートも書かれている。

キッシンジャーの役割と「戦争を望む」勢力

そうしたレポートによると、米中ロの交渉を仲介し、北朝鮮攻撃の秘密合意を実現させたのはヘンリー・キッシンジャーである可能性が極めて高いとしている。

キッシンジャーはトランプ政権の非公式の外交アドバイザーとして水面下で活発に動いているものの、その実態は主要マスメディアではまったく報じられていない。

そうしたキッシンジャーだが、秘密合意の内容は、北朝鮮を攻撃する場合、被害を最小限に抑える局地戦にすることが絶対的な条件になっているようだ。トランプ政権をはじめ、プーチン習近平もこの方向で合意が成立している。

しかしながら、アメリカには局地戦ではなく大きな戦争を望む勢力が存在しており、彼らは局地戦による解決を模索しているトランプ政権に強く反発して、いま米国内で進められているトランプの弾劾に向けた動きを、既存の反トランプ陣営とともに主導しているという。

トランプ弾劾なら北朝鮮攻撃は大規模に?

ロシアの複数のシンクタンクはこうした情報を示唆している。もしこれが正しいのであれば、トランプの弾劾と、北朝鮮を最小限の犠牲で攻撃する計画とは連動している可能性がある。

もしトランプが来春まで弾劾されずに存続するのであれば、北朝鮮攻撃も非常に限定された規模にとどまるだろうが、万が一トランプが来春までに弾劾された場合、攻撃の規模はかなり大きくなる可能性が出てくる。

もちろん、こうした情報も、特にロシアを中心としたシンクタンクのレポートがニュアンスとして匂わしているに過ぎない。異なったシンクタンクが出している同じようなテーマのレポートを照合させると、うっすらと浮かび上がってくる情報である。明確に表現されているわけではないので、的外れに終わる可能性もある。

しかし、反対にこうした情報が正しいとした場合、北朝鮮との戦争の拡大を望む勢力とはどのようなグループなのだろうか?

Next: 「戦争の拡大を望む勢力」に対抗するトランプの切り札とは?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい