fbpx

著名投資家アインホーン氏の大勝負!「GM再生」に賭けた天才の勝算は?=東条雅彦

最近、米国株も日本株も高値で推移しており、市場の過熱感は収まる気配がありません。ファンダメンタルズを重視する投資家にとっては、とてもやりにくい環境になりつつあります。

しかし、そういう状況でも、まだ割安で放ったらかされている銘柄が存在しています。その1つがGM(ゼネラル・モーターズ)です。配当利回りが4.62%、PERが5倍で放置されています。

今月、米著名投資家の1人デイビッド・アインホーンが、GM株を大量に買い付けていることが判明しました。かつて、バフェットがPER5倍で放置されていたペトロチャイナ株を取得したシーンと、とても被ります。ゼネラル・モーターズは2009年に一度、破産して国有化された企業です。近年は教科書的バフェット銘柄として復活を遂げています。

メルマガ読者さんからリクエストを頂いたこともあり、本稿ではこのゼネラル・モーターズを取り上げて分析してみましょう。(『ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』東条雅彦)

あの「空売り王」がバリュー投資で大勝負! GMを選んだ理由とは

デイビッド・アインホーン氏はどんな投資家?

米著名投資家のデイビッド・アインホーンは、大手ヘッジファンドであるグリーンライト・キャピタル(時価総額:約6億ドル)の創設者です。1996年にファンド設立以来の運用利回りが年率20%ですが、近年は下降しています。

デイビッド・アインホーンは、空売りの旗手として有名です。2002年には、中小企業向けの融資業を行っていたアライド・キャピタルの空売りを開始しました。この空売りが成功するのは、アライドの粉飾決算が公になった2008年です。通常、空売りでの勝負は短期決戦で収束させなければいけないのですが、アインホーンは6年もかけて自分の信念を貫き、成功に導きました。そして、2008年にはリーマン・ブラザーズの破綻を事前に見抜き、空売りを仕掛けて、大きな利益を得ました。

基本的には空売りが得意なアインホーンですが、2014年にりそなホールディングスにバリュー投資を仕掛けたこともあります。PBRが0.8倍までに落ちていたりそなを、買いだと判断したのです。

このりそなへの投資は大成功には結びつきませんでしたが、元々、安全域を確保したうえで投資をしていたので、推定10~20%程の値上がり益を得て、ポジションを手仕舞っています。

アインホーンは財務諸表を読み解き、大きな市場の歪みをキャッチすると粘り強く勝負をしていくタイプの投資家です。

【関連】何か変だぞ? いま話題の「配当貴族インデックス投資」に潜む罠=東条雅彦

ゼネラル・モーターズに大量投資

2017年5月15日に提出された「Form 13F(投資家の買い持ちポジションを示したもの)」により、空売りが得意とされるアインホーンがGM(ゼネラル・モーターズ)株を大量に買い付けていたことが明らかになりました。去年の9月から12月にかけて2.2倍に保有数を増やして、さらに去年の12月から今年の3月にかけて、1.9倍に増加させています。

<グリーンライト・キャピタル GM株保有推移>

170530tojomasahiko_1

この売買動向を見ていると、アインホーンが思いつきでGM株を大量に取得したわけではないことがわかります。2011年から目を付けていて、ポジションを増やしたり減らしたりを繰り返して、2014年には一度、完全に手を引いています。そして、今回、一気に7,275万株まで買い集めました。アインホーンは全資産の36%を、ゼネラル・モーターズに投資しています。

<グリーンライト・キャピタル 2017年3月末時点(公表5月15日)>

170530tojomasahiko_2

2位以下の他銘柄の保有割合は8%以下になっています。GMの動向次第で、パフォーマンスが大きく左右するポートフォリオになっています。アインホーンは明らかに大きな勝負に出ています。GMに対して相当な自信がないと、ここまで急速に買い増すことはしないでしょう。

Next: なぜか割安で放置され続けるGM株は「教科書的バフェット銘柄」だった

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい