fbpx

著名投資家アインホーン氏の大勝負!「GM再生」に賭けた天才の勝算は?=東条雅彦

デイビッド・アインホーンとウォーレン・バフェットの共通点

本来、売りが得意とされてるデイビッド・アインホーンですが、今回の投資については王道のバリュー投資で勝負を賭けています。

GM株は配当利回りが4.62%、PERが5倍という、バーゲンセール価格で放置されているグレアム銘柄です。また、他のライバル会社に比べてROEが高く、バフェット銘柄の要素も持っています。

デイビッド・アインホーンと言えば、「ああ、あのリーマン・ブラザーズの空売りで一発当てた人だ」という印象を持っている人もいるかもしれません。しかし、そうではありません

実は、デイビッド・アインホーンは2003年にウォーレン・バフェットとの昼食会の権利を5万100ドルで落札しています。この昼食会の権利は毎年6月に米国の大手ネットオークション「eBay(イーベイ)」が開催しているチャリティーオークションで売りに出されます。この権利を落札する人は、間違いなくウォーレン・バフェットの熱烈なファンです。2010年、2011年と2年連続で落札したテッド・ウェシュラーは、その翌年の2012年にバークシャー・ハサウェイに入社しています。現在はバークシャーのポートフォリオマネージャーとして、バフェットの右腕として活躍しています。

<バフェットとの昼食権チャリティオークション 歴代落札者(2000年~2016年)>

170530tojomasahiko_t1

2003年に落札したアインホーンも他の落札者と同じく、バフェットの投資戦略や思想に深く共感しているはずです。現在、GMはアインホーンとバフェットの著名投資家2人に保有されていますが、これは偶然ではありません。思考が似ているので、結果的に同じ銘柄を選定することになったのです。

現時点ではバフェット銘柄の要素よりもグレアム銘柄の要素が強いかもしれませんが、アインホーンは大きなチャンスだと見ています。この投資の結果がどのような結末を迎えるのか、私はとても興味深く見守っています。

【関連】賢人バフェットはなぜ「10年前のアマゾン株」を買えなかったのか?=栫井駿介

【関連】著名投資家のジム・ロジャーズが「北朝鮮の内部崩壊」を確信するワケ=東条雅彦

【関連】奇人?変人?だから何?株で成功したいなら「頭がおかしい奴」になれ=鈴木傾城

1 2 3 4

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』(2017年5月28日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~

[無料 週刊]
■電子書籍『バフェット流投資入門(全292頁)』をメルマガ読者全員に無料プレゼント中♪世界一の投資家ウォーレン・バフェットの投資哲学、人生論、さらに経済や会計の知識が、このメルマガ一本で「あっ」と驚くほど簡単に習得できます!!著者はバフェット投資法を実践して、6000万円の資産を築き、さらにヒッソリと殖やし続けています。(ブログよりも濃い内容でお届け☆彡)●バフェットの投資法を小学生でもわかる例え話で学べます。●複利マジックで経済的自由の達成を目指します。●日本経済の現状から取るべき投資戦略がわかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい