fbpx

韓国輸出規制、国際世論は「日本が悪者」。安全保障を言い訳にしていると批判殺到=高島康司

オリンピックの狂騒のなかで日本は孤立する?

もちろん、日本にも今回の輸出規制を正当化する合理的な理由はある。それは、韓国のあまりにずさんな戦略物資の管理である。

すでに5月7日に韓国の大手紙「朝鮮日報」は、「2015年は14件だった戦略物資の違法輸出の摘発件数は、昨年は41件と3倍近くに増えた。さらに今年は、3月までの摘発件数だけでも31件に上り、急増する様子を見せている」として、違法輸出が文在寅政権で急増している事実を指摘している。韓国の戦略物資管理があまりにずさんであることは論を待たない。

しかし、これを安全保障上の懸念として輸出規制を発動した日本の立場を、国際社会と世論が日本の期待しているように受け入れるかといえばそうではない。

「安全保障上の懸念」という口実は、すでにアメリカもロシアもサウジアラビアも使っている。これは貿易で他国に圧力をかけ、脅すための口実として使われているという理解が一般的だ。

G20などで自由貿易を宣言していた日本が、自らの方針を裏切ったとして見られても仕方がないかもしれない。

オリンピック開催までちょうど1年になった。これから日本国内はオリンピックの狂騒で沸くに違いない。しかし、この問題が早期に外交的に解決しない限り、この狂騒のなかで日本は孤立するのではないだろうか?

直観的だが、嫌な気がしてならない。次回はその理由を具体的に書く。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】N国党の躍進は、平均年収“民間の3倍”の銭ゲバNHKに国民が激怒した証拠=鈴木傾城

<初月無料購読ですぐ読める! 7月配信済みバックナンバー>

※2019年7月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年7月配信分
  • 対韓国輸出規制で批判が強まる日本、大丈夫か?(前編)/霊的自我覚醒の方法(3)(7/26)
  • 韓国輸出規制で日本は敗北?韓国の強力な福音派ロビー/霊的自我覚醒の方法(2)(7/19)
  • 荒れる2020年代、福音派の集合意識/霊的自我覚醒の方法(1)(7/12)
  • 追い出されるバノンと思想化する欧州の極右運動/デイビッド・ジョンソンのトランプ予言(7/5)
  • いますぐ初月無料購読!

image by:Truba7113 / Shutterstock.com | 首相官邸ホームページ

※本記事は有料メルマガ『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』2019年7月26日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】宮迫・田村亮会見から見えた吉本興業の深い闇。2009年の上場廃止から怪しかった=今市太郎

【関連】しまむら、客離れ加速で業績悪化。ユニクロを目指して主婦に嫌われる大失策=栫井駿介

【関連】Googleも米軍に情報提供?国防総省とシリコンバレーが人々に知られたくない本当の姿=カレイドスコープ

1 2 3 4

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ」(2019年7月26日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ

[月額880円(税込) 毎週金曜日]
いま私たちは先の見えない世界に生きています。これからどうなるのか、世界の未来を、政治経済のみならず予言やスピリチュアル系など利用可能なあらゆる枠組みを使い見通しを立ててゆきます。ブログ『ヤスの備忘録』で紹介しきれない重要な情報や分析をこのメルマガで配信します。『ヤスの備忘録』とともにお読みください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい