fbpx

N国党の躍進は、平均年収“民間の3倍”の銭ゲバNHKに国民が激怒した証拠=鈴木傾城

「NHKから国民を守る党」が参院選比例区で1議席を獲得した。なぜ注目を集め、躍進したのか。NHKの異常さに気づき、不満を持っている人が大勢いるためだ。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』鈴木傾城)

※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。

見なくてもネットにつながれば徴収?貧困層からカネを毟り取る…

「NHKから国民を守る党」の大躍進

2019年7月21日の参議院選挙で「NHKから国民を守る党」という党が議席を得た。この党は、代表の立花孝志氏がひとりで始めた党なのだが、今のNHKはいろいろおかしいと思っている国民も大勢いたので大きな旋風となっていた。

【関連】裁判なら俺に任せろ。NHKの受信料ハラスメントを完全撃退する方法=立花孝志(2017年5月9日配信)

【関連】NHKが仕掛ける「ネット受信料の罠」とは? この出来レースをぶっ潰せ=立花孝志(2017年7月30日配信)

NHKは何がおかしいのか。基本的に、見たくない人、見ていない人、テレビさえも持っていない人から無理やり受信料を徴収して、偏向した番組を垂れ流していることである。このことに不満を持っている人は大勢いる。だから、「NHKから国民を守る党」は躍進した。

2017年12月6日、最高裁大法廷はNHK受信契約訴訟において「NHKが受信契約を拒否する人に対して訴訟を起こし、NHKの勝訴判決が確定した時点で契約が成立する」「NHKはその人が受信装置(テレビなど)を設置した時点に遡って受信料を徴収できる」という判断を示している。

「NHKなんか絶対見ない。見ていない。見たくもない」「なぜ偏向報道の局にカネを払わないといけないのか」と抗議しても無駄なのだ。NHKは、そんな人からも無理やり受信料を毟り取っていく

理不尽ではないか。

職員は法外なまでの高給をもらっている

立花孝志氏が訴えているのは「NHKのスクランブル化」だ。いろんな理由でNHKを見たくない人には、スクランブル(電波を乱す暗号)をかけて技術的に見られないようにすればいいのに、NHKは絶対にそれを検討しない。

カネを払わない人に対してスクランブルをかけることによって見せなくすることは技術的にすぐにできる。NHKはそれをしないで、無理やり受信料を毟り取る

それだけでなく、国民から受信料を毟り取って偏向した報道を垂れ流し、さらに自分たちは民間には想像できないほどの高給を取っている。それがNHKという存在だ。

NHKの職員がどれだけ高給取りなのかというのは、すでに2013年の時点で分かっている。2013年12月3日、衆議院総務委員会にて日本維新の会所属の国会議員だった三宅博氏(2017年4月死去)が驚くべき現状を明らかにした。

NHKの職員約1万人が、人件費だけで1,819億円を使っているというのである。これは1人あたりの給与にすると、約1,190万円となる。厚生費、退職手当を含めるとさらに額が上がって1,753万円になっていると三宅議員は計算して発表した。

国家公務員の給料はもらいすぎだと大批判があるのだが、その額は約651万円だった。

国税庁の民間給与実態統計調査では2013年時点の民間給与平均は408万円だった。パート、派遣社員の非正規労働者の年収は168万円。公務員の給料は民間よりも250万円近くも高かったが、それよりもっと高額だったのがNHKの人件費である。

スクランブルをかけるという技術的にすぐにでもできることをしないで、国民からカネを毟って毟って毟り取る。そして、自分たちは法外なまでの高給を取る。凄まじい銭ゲバだ。

Next: インターネットにつながれば徴収?平均年収「3分の1」の民間から毟り取る…

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい