USJ買収劇の真相…米コムキャストがたった1800億円で買収できたワケ

shutterstock_270219626
 

9月末に発表された、全米最大のケーブルテレビ事業会社コムキャストによるUSJの買収。何より驚かされたのは、あれだけ業績が好調と見られていたUSJに4,000億円の借金があったと報じられたことです。これについて、ジャーナリストの辛坊治郎さんも大きな疑問を持たれていたのですが、やはりちょっとしたカラクリがあるようで…。『辛坊治郎メールマガジン』に、そんな疑問に対して金融界の事情通が匿名を条件に話してくれた真相が記されています。曰く、新聞記者の勉強不足、だそうです。

USJ、借金4,000億円の真相は?金融界の事情通から来た解説メール

辛坊さんの疑問にお答えしましょう。私からこの話を聞いた事はくれぐれも伏せておいてくださいね。ゴールドマンサックスの評価額7,500億円なのに、何故コムキャストが1,800億程度51%の株買えたのか?「USJには4,000億の借金があったから」という経済を知らない新聞記者達が世の中に誤解をまき散らしているようですね。真実は以下に記す通りなんです。

実は今回の買収方法は、アメリカ金融投資家の間ではおなじみなんです。「よく使う手」ってやつです。まず目的会社(これを英語でSPCって言います)を立ち上げます。この新会社銀行から4,000億円借り、コムキャストが1,800億を出資し、残りを既存の株主が入れます。こうすると4,000億円の借金を含めて7,600億の現金を持つ会社が出来ますよね。この目的会社が7,600億でUSJを買収し、買収後に社名をUSJに変えるんです。これを金融業界では「脱皮」と呼びます。新会社がUSJを乗っ取るために銀行から借りた4,000億円は、新USJの運営会社が背負うことになるんです。この方法でコムキャストは実際のUSJの価値の半分の金額で、7,600億の会社の過半数の株を抑えることが出来たわけです。

print

  • USJ買収劇の真相…米コムキャストがたった1800億円で買収できたワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け