とにかく直接会う。彼女がメールで送ってきた別れ話を水に流す方法

 

別れ話でも。

ですのでこれは別れ話でも同じかもしれません。

あなたが男性で、女性から別れ話をされた場合。もしそれが、メールだったとするなら、とにかく直接会って話を聞くこと。それもできないなら、電話ででもいいので、話をすることです。

「別れたくない!」という言葉を、相手はメールで聞いてくれなくても、電話や直接ならば、OKしてくれる可能性もあるわけです。

またメールでは、相手の意志や本音が、ほとんど読み取れません。人間の真意は、ボディ・ランゲージや、口調に出ると言われています。そして言うまでもなく、直接会えば、それらも観察することができます。

相手の気持ちを読み、なおかつOKしてもらいやすくなる…。そういう意味で、とにかく直接会うことが大切なわけですね。

誘う理由は何でも構いません。

「別れ話、分かった。ただどうしても納得できない部分があるから、会って話したい」
「最後にお願いがあるんだ。一度、直接会って、別れを受け止めたい」

などなど、何でもOKです。とにかく会ってしまえば、相手は別れづらくなるわけです。

ですので逆に、あなたが女性であって、誰かと別れたいと思うのなら…。

「何があっても会ってはダメ

です。このことを覚えておいてください。

男性の場合は…?

さて、先ほどの調査では、この「直接会う」ことで変わるのは女性だけ、ではありましたが。やはり男性であっても、多少の説得効果のプラスはあるかと思います。

今話したように「相手の真意を読みやすい」という利点もあります。また実際に目の前にすることで、あなたの顔や表情、動きなどを伝えることもできます。それによって、魅力を再確認する可能性だってあります。

とにかく重要なことがあったら、相手と会って話す…と心がけてもいいかもしれません。

しかし、女性ほどその効果は強くない、ということ。これは大きな事実です。すなわち相手が男性で、たとえば「直接会って話す」のが、非常に大変だった場合。

ムリして会おうとして労力を削るより、その分のパワーを「メール」に持っていくこと。

たとえば具体的に、何か頼み事をしたい「理由」や「状況」などについて、メールで丁寧に説明をする。そうすれば、相手はそれを読むことで、より説得されやすくなる可能性もあります。

とにかく直接会いさえすればいい、というわけではなく、その分、丁寧なメールに持っていった方がいいこともあるのです。

ただ逆に女性の場合は、どんなに論理的なメールを送るよりも、とにかく会って話した方がいい…ということになります。

print

  • とにかく直接会う。彼女がメールで送ってきた別れ話を水に流す方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け