とにかく直接会う。彼女がメールで送ってきた別れ話を水に流す方法

shutterstock_172574675
 

女性は直接会ってお願いされると、頼みごとを断りづらくなる―。こんな「法則」がメルマガ『★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★』で紹介されています。現役精神科医のゆうきゆう先生の解説、わかりやすくてためになります。

頼みの心理テスト

彼女に頼み事をしたい! こんなとき、どうお願いする?

1.「直接会って」
2.「電話で」
3.「メールで」
4.「LINEなどのアプリで」

選んでから、続きを読んでくださいね。

男女で頼みが…?

さて、解説です。

実は心理学者であるチャルディーニらは、多くの被験者を対象にして、「OKしづらい頼み事」をしてみました。

このときに、

A.「メールで」
B.「直接会って」

という2パターンで、頼んでみたのです。さてこのとき、両者でどう差が出たと思いますか?

実は、その結果。相手が女性である場合、

B.「直接会って」

という方が、OKしてくれる率は高くなりました。

しかし相手が男性である場合は、AとBで、大きな差は見られませんでした。すなわち男性は、直接・メールなど関係なく、内容そのもので、OKするかどうかを決めることが多かったのです。

しかしながら女性は、内容にくわえて、「直接目の前にしているかどうか」というのも、大きなポイントを持っていたわけです。ですので相手が女性であるなら、とにかく直接会った方が、断られにくいというわけですね。

なぜ男女差は生まれる…?

実際、マンモスを狩っていた時代。狩りは男の仕事でした。

そのとき、女性は集落で他の女性と共同作業をしたり、物々交換などのコミュニケーションを取っていました。そのため女性は会話の能力が発達し、より相手との関係性を重視するわけです。

だからこそ、

「相手が今、困っている…!」
「雰囲気的に、頼られている…!」

などのメッセージに反応し、目の前の相手にたいしては、断りにくくなるわけです。

たいていの恋愛においては、言うまでもなく、「男性が直接、女性を口説く」という図式が成立します。女性から口説くことは、ほとんどありません。

そして「だからこそ、女性は相手を前にすると、頼み事を断りづらい(=口説かれやすい)」と考えるなら、この男女差は、とてもうまくできている…と考えることができますね。

いずれにしても、あなたが女性に何かをお願いしたいのなら、とにかく目の前にした方がいいわけです。

また別の調査では、「電話」は、「メール」と「直接」の、真ん中くらいの説得効果だということが分かりました。

すなわち

直接 > 電話 > メール

となるわけですね。

print

  • とにかく直接会う。彼女がメールで送ってきた別れ話を水に流す方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け