日中和解はホンモノか? 豪で進む驚愕の反日プロジェクト

 

 

オーストラリアではじまる、驚愕の「反日プロジェクト」とは?

AIIB事件後、中国は日本に接近してきています。

これは、「戦術的変化」であって、「戦略」(反日統一共同線にはなんの変更もないことを、私たち日本人ははっきり知っておく必要があります。

このことは、「戦略的互恵関係を深めましょう」とニッコリ微笑みながら、中国が外国で何をしているか知れば、はっきり理解できます。

今回は、オーストラリアで何が起こっているか見てみましょう。

オーストラリアの慰安婦像計画と戦い、大きな成果を出しているAJCN代表・山岡様からのメールをご紹介させていただきます。

(AJCN HPはこちら

北野様

平素より勉強させて頂いております。

AJCN代表の山岡です。

もちろん、まぐまぐ投票させて頂きました。

二つの動きが同時に進行する秀逸な分析、ありがとうございました。

まさに私が気にしていたことです。

というのも、豪州の北部準州から、信じがたいニュースが立て続けに入って来たからです。

なんと、州政府が、ランドブリッジという中国企業に、ダーウイン港を99年間租借させることを認めたというのです。

ダーウインといえば、米国海兵隊が駐留し、日本の自衛艦も寄港する防衛の要衝です。

南シナ海有事の際には、重要な発進基地となります。

州政府は、商業上の契約に過ぎないとうそぶいていますが、当該企業は中国共産党はもちろん、人民解放軍とも深い繋がりがあることが軍事専門家から指摘されています。

さらに耳を疑うニュースが飛び込んで来ました。

なんと、州政府の肝いりで、ダーウイン港の埠頭に70数年前の日本軍によるダーウイン空爆を疑似体験できる観光客向けの施設を作るというのです。

それもなぜか、たまたま停泊していた米軍の巡洋艦の館長の視点で描かれるとか。

そして、バーチャルリアリティの技術を提供するのがあのサムソンなのです。

多くの人が亡くなった空爆の疑似体験をツーリストアトラクションにするとは、何という不謹慎でしょう。

日米を離反させたい中国共産党の意図、そして、韓国の利用があからさまだと感じるのは私だけでしょうか?

北部準州政府は中国に乗っ取られてしまったのでしょうか?

このように、中国は経済の凋落が進む一方で、覇権主義に基づく軍事的策謀を着々と進めつつあります。

まさに、二つの動きが同時に進行しているのです。

果たして、経済的に窮乏したら、軍事的進行も止まるでしょうか?

日本は楽観せずに、対策チームを組んで可能な全ての対抗手段を取るべきです。

二つの動きが同時に進行するという観点から、豪州発の耳を疑う具体例を報告させていただきました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

PS こんな状態で、潜水艦の技術供与をしていいのでしょうか?

どうですか、これ。

中国の「反日統一共同戦略」は、依然として「継続中」であることがはっきりわかります。

中国を挑発する必要はもちろんありませんし、するべきではありません。

しかし、適切な距離を常に保つ必要があるでしょう。

そして、山岡様がおっしゃられる通り、「反日プロパガンダ」に対しても、真剣に対策を行う必要があります。

image by: 首相官邸

 

ロシア政治経済ジャーナル
著者/北野幸伯
日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝の無料メルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。
≪登録はこちら≫

print

  • 日中和解はホンモノか? 豪で進む驚愕の反日プロジェクト
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け