あの「ツーン」にも意味があった。ワサビに隠された驚くべき健康効果

shutterstock_226058809 copy
 

タイトル通り、日刊で美容と健康に効果が期待できる食材などをご紹介してくださる無料メルマガ『美容と健康ひとくちメモ』。今回は、お刺身などに欠かせないワサビの意外な健康効果と、ユリの球根・ユリ根の熱にも負けない栄養素が取り上げられています。ふたつともすぐに食べたくなるくらいの健康効果があるようですよ。

辛みと香りの秘密

ワサビの辛み成分である、アリルイソチオシアネートという物質には、がんや動脈硬化などを引き起こす酸化ストレスへの抵抗力を向上させたり、脳の神経細胞の再生を促し記憶力学習能力を改善させる効果があるそうです。

また、ペルオキシダーゼという酵素は、体に入り込んだ異物の解毒を促進したり、染色体異常を抑えたり、発ガンや突然変異を誘発する放射線から体をまもる抗がん作用があり、また、ワサビ独特の香りの成分には、血液中の血小板の凝集を抑制し、血液凝固を強力に防いてくれるため、血液がサラサラになり動脈硬化などを防ぐ働きがあって、わさび漬けの場合、酒粕の酵素との相乗効果により、この効果がさらにアップするらしいです。

ワサビ漬けなら毎日20g、ワサビなら12.5g食べるといいそうですが、刺激が強いので、胃腸が弱い方は摂りすぎにはご注意をとのことです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • あの「ツーン」にも意味があった。ワサビに隠された驚くべき健康効果
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい