呪われた東京オリンピック。平和の祭典も結局「政治とカネ」なのか?

shima0520
 

競技場デザイン・聖火台問題、ロゴ盗作疑惑、そして先日の裏金問題まで…息つく間も無いほど不手際・不祥事が噴出する東京オリンピックですが、無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』では、「もっと根本的な問題がある」との指摘がなされています。それは東京の「猛暑」。夏場の開催時期を「アスリートにとって理想的な気候」とした東京の招致委員会に対して、世界を欺いたと言っても過言ではないと厳しく批判しています。

誰のためのオリンピックなのか?

ブラジルではオリンピック開催まで100日を(開催は8月5日から21日)切ったが、大変な状況に陥っている。生活が苦しく昨年のGDPが3.8%減少(本年3月3日発表、過去25年で最大の落ち込み)し、3月に360万人が参加したデモが起こった

ブラジルは景気の落ち込みでオリンピックどころではないという気持ちであり、「もうやめてしまえ」という声も出てきているというのも理解できないでもない。さらに、大統領の弾劾裁判の可能性も出てきており、ブラジルは大統領なしのオリンピックが開催されるという可能性も出ている(※5月12日付のロイターによると、上院がルセフ大統領の弾劾裁判開始を決め、ルセフ氏の職務が停止が決定した)。

日本も困難な状況

日本においても東日本大震災の影響により2.8万戸の仮設住宅に5万7,000人も住んでいるという状況が続く。3.11から5年が経過した今なお、日本でも通常の生活に戻れていな状況であるにも関わらず、いっこうに改善がみられていない

本当にこの時期でよいのか?

ここで、日本の2020年のオリンピックについて考えてみたい。以前から開催時期に関して言及してきたが、東京のみならず夏のマラソンは危険だと言われている。7月下旬から8月上旬の開催が予定されているが、2007年8月大阪世界陸上、2008年8月北京オリンピックは猛暑を避け、どちらも午前7時代のスタートであった。それにも関わらず5人に1人が途中棄権したともいわれ、暑い時期の開催は本当に選手にとって過酷な状況だ。

大会期間中暑過ぎるという心配もあり、最近の東京の夏は異常なほど暑い。昨年の夏に熱中症で亡くなられた方は900人強で8月上旬(1日~10日)の救急搬送人員数は1万7,661人となり、なぜこんな猛暑の時期に立候補したのかという批判も出てくる。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • 呪われた東京オリンピック。平和の祭典も結局「政治とカネ」なのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい