お子さん、お孫さんは大丈夫?褒める育児法の取り返しがつかない罠

shutterstock_220374130
 

昨今流行りの「褒めて育てる」という考え方。この育児法、アメリカ式というそうなのですが、実は大きな落とし穴が潜んでいるとか。無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では、何が問題なのか、そしてどう子育てすべきかが詳しく紹介しています。

アメリカ式と中国式

さて、本日は自然に培われるしかないもののお話。

子供を育てていくとき、どんな親だって自分のやり方に疑問を持ちます。だって子供ができる前には、誰だって親じゃなかったんだから。はじめから親が親だと思っているのは、子供だけよね(苦笑)。

特に最近では「褒めて育てよう」という考え方が出てきていますね。日本では、長い間疑いもなく叱って育てる教育方法がとられてきました。その間には文字通り過剰としか表現しようのない厳しい叱責や制裁が加えられてきてしまいました。子供のためを思って親がしたことが裏目に出てしまうなんで悲しいですが。

その悪影響はオトナになってからも引き継がれ、まさに「どうせ私なんか」が口癖のヒトがたくさんいるように思います。痛ましいかぎりです。自分で自分にダメ出しし続けるのは、苦しいものです。さんざん自分にダメ出ししてきたので、よく分かる(苦笑)。

子供の教育の仕方として有名なのが「褒めて育てる叱って育てる」です。あ、誤解のないように言っておきますが、「褒めて育てる」方法で叱ったり罰を与えたりしないわけではないですし、その逆もしかりです。ただ、「褒める」「叱る」のを他方に比べて重視しているということです。各々

  • 褒める教育方法をアメリカ式
  • 叱って育てる教育方法を中国式

と言うんだそうです。歴史的に日本は中国の影響を受けてきましたから、伝統的に中国式の教育方法がとられてきたわけですね。で、最近になってアメリカ式が浸透してきたと。日本人の自己否定感の強さは国際的に見ても異常なほどなので、その反省から褒める教育にフレてきているんだと思います。

そこで、現在お子さんを教育中のアナタにあえて言いたい。「むやみに褒めるのは止めた方がいい。「むやみに」ってトコがポイントです。

教育は、すぐに結果がわかるようなものじゃナイですよね。何十年も追跡調査をして初めて、ある教育方法が有効だったのかどうかがわかるんです。その意味で日本では、まだアメリカ式に褒めて育てられた子の調査はありませんが、アメリカではこの教育方法によって育てられた子がすでにある程度の年齢になっているんですよ。非常に自尊心の高い人間に育ったんです。どんな大人に育ったと思います?

  • 理由なく自信満々
  • ミスを認めない
  • 尊大に振る舞う

イワユルひとつのゴーマンくんに育ったんです。なんてこったい。もともと

  • アメリカ式では子供に自尊心を与えること
  • 中国式では自制心を養わせること

を目的としていました。いずれも子供が将来幸せに生きていけることを願ったものです。そりゃそーだよね。そして、これらふたつの教育方法が追跡調査された結果、幸せになるために必要なものとして「自制心に軍配が上がったんです。極論ですが、褒めるより叱るほうが教育方法として優れていたということです。

叱りすぎはもちろんイケナイでしょう。でもそれと同じように褒めすぎるのもダメなんですよ。それはむやみに叱るのとオンナジです。ベクトルが違うだけでね。理由なく褒められれば、子供は何もしなくてもイイと勘違いするだけで努力しなくても何かを達成しなくてもイイと考える子に育つだけですよ。アメリカに増殖したゴーマンくんたちと同じように。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • お子さん、お孫さんは大丈夫?褒める育児法の取り返しがつかない罠
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい