新聞各紙は「自民圧勝」をどのように報じたのか?

act_132567_01
 

7月10日朝から全国およそ4万8000か所の投票所で投票が行われた、第24回参議院選挙。安倍政権が進める経済政策「アベノミクス」の是非を最大の争点としていた自公ですが、実際には「憲法改正」の是非が裏の最大争点だった選挙と言っても過言ではないと思います。メルマガ『uttiiの電子版ウォッチ』の著者でジャーナリストの内田誠さんは、主要4紙を【大見出し】、【写真】、【閣僚落選】、【主筆らコメント】という4つの論点から比較し、各紙が参院選の結果をどう伝えたか、詳細に分析しています。

各紙は「参院選」の結果をどう報じたか?

今日各紙、特別編成で分量が少なくなっています。《朝日》《読売》《毎日》が各20面、東京は16面。当然ながら、各紙とも選挙特集です。というわけで、今日は<uttii電子版ウォッチ>も特別体制でお届けします。あまり細かいことに眼を走らせず、各紙1面を中心に見て、そこに現れている各紙特徴を見ていくことにしましょう。

大見出し

*まずは1面の大見出しを比較しておきましょう。

《朝日》…「改憲4党 3分の2に迫る」

《読売》…「与党大勝 改選過半数」

《毎日》…「改憲勢力3分の2越す」

《東京》…「改憲勢力 3分の2」

uttiiの眼

《朝日》はまだ、「迫る」という書き方になっています。《毎日》が「越す」、《東京》が「3分の2」と言い切っているのとは随分印象が違います。まだ全議席が確定していないからと言いたいのかもしれませんが、残念ながら、この段階で「迫るは不正確でしょう。今朝には既に全議席が確定。改憲勢力は無所属を加え、165議席となりました(162議席で3分の2超)。

《読売》は頑なに、ひとり「改選過半数」を掲げています。「もう隠さなくて良いんだよ」と耳打ちしてあげたくなりました(笑)が、規格外の巨大な大見出しの下には、普段であれば大見出しに使うような字で「改憲派2/3越す」とも書いています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 新聞各紙は「自民圧勝」をどのように報じたのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい