長ネギを作っている農家は「風邪をひきにくい」説の根拠

shutterstock_498608758
 

長ネギの生産者の方々は風邪にかかりにくいそうですが、それはあの特有の香りにヒミツが隠されているとのこと。無料メルマガ『美容と健康ひとくちメモ』ではそのヒミツを明らかにするとともに、長ネギの驚くべき効能、そして健康効果を高める摂り方が紹介されています。

硫化アリルのシャワー浴びたい

長ネギ特有のあの香りの正体は硫化アリルという辛味成分で、抗菌・殺菌作用があるだけでなく、発汗を促すアドレナリンの分泌を促して脂肪を燃焼させて体を温め、おまけに催眠作用があるので、風邪をひいたときにはたっぷりとネギを取るようにするといいそう。

硫化アリルは粘膜に付いた病原菌を退治して、喉の痛みや鼻づまりも和らげてくれたり、強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去するだけでなく発がん物質をやっつける酵素の働きも活発にしてくれるそう。

さらに血管を広げて血圧を下げる働きがあるので、血栓を防いで血液をサラサラにし、動脈硬化や脳梗塞などの血管障害をも予防するつわものらしい。長ネギの生産者の方々は風邪にかかりにくいそうですが、それは、日常の作業で硫化アリルのシャワーを浴びているようなものだからだそうです。ネギたっぷりの味噌汁いかがですか?

ネギ味噌湯で血流改善、冷え予防

昔から風邪の民間療法としてある、カップに刻んだネギと小匙1杯強のお味噌を入れ、お湯で溶いただけのネギ味噌湯。お味噌汁でもいいのではと思いますが、ネギや味噌は煮てしまうと香りが飛んで身体を温めたり、病原菌をやっつける威力が落ちてしまうのだそう。

ネギ味噌湯でいただくと香り成分が生かされて、風邪予防だけでなく血流を促進し冷え性や乾燥による疲れ目肥満予防にも効果があるそうです。

手軽に作れるので一人暮らしの方に食事の一品としても最適。

image by: Flickr

print
いま読まれてます

 

美容と健康ひとくちメモ
日常の何気ない食物にも意外な効用を持つものがあります。そんなちょっとしたうんちくを日刊でお送りします。
<<登録はこちら>>

  • 長ネギを作っている農家は「風邪をひきにくい」説の根拠
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け