なぜ年越しそばを食べるの? 5分で読める「大晦日」の雑学

joya20161222
 

今年も残すところあと僅かとなりましたが、「おおみそか」「おおつごもり」「歳神様」など、大晦日にまつわる知識、皆さんどのくらいお持ちでしょうか? 今回の無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では、日本人なら知っておきたい、サクッと読める大晦日の雑学が紹介されています。

大晦日あれこれ

まず「おおみそか」という言い方ですが、もともと「みそか」は「三十日」です(「三十路(みそじ)」もありますね。「三十」は和語読みすると「みそ」です)。

それが「月末」を意味するようになっていきます(実際に「29日」や「31日」で月末になろうと、「みそか月末」という位置づけです)。

ただ、12月の月末は、ただの月末ではなく、一年の締めくくりということもあるので、「大」がついて「おおみそか」となりました。

また、「おおつごもり」という言い方もあります。

これは太陰暦だと、月末は月が隠れて見えない日。「つきごもり」から「つごもり」となり、やはりこれも年末だけ「おお」がついて「おおつごもり」です。

いずれにしても、毎月やってくる月末の中でもさらに一年の締めくくりということで「大」がついて「おおみそか」だったり「おおつごもり」となりました。

日本では大晦日は「歳神様(としがみさま)」をお迎えする行事が行われます。

よく日本昔話や民話などでも、大晦日の年越しを題材にしたお話があります。やってきた神様が貧乏神だったり、福の神だったり。

そう、新しい神様をお迎えするのが大晦日です。

年越しには、

  • 年越しそば
  • 除夜の鐘
  • 二年詣り

などが行われます。

年越しそばは、「細く長く続く」ことから「延命・長寿を祈願したものなど諸説あるようです。私は残念ながら蕎麦アレルギーなので「年越しそば」は食べられないので、うどんにしているのですが、これだと、「太く短く」になってしまいますね…。

除夜の鐘は「煩悩の数と言われる108回分鐘をついて煩悩を払うわけですが、これも地域やお寺によっていろいろあるようです。

二年詣りは、大晦日から元旦にかけての初詣。学生時代は友達と年越しによく行きました。

京都の八坂神社では「をけら祭」というのがあります。御神火を起こし、それを火縄にうつし、消えないようにぐるぐる回しながら家に持ち帰ります。この「をけら詣りは京の大晦日の風物詩です。その火で、神棚の灯明をともしたり、お雑煮を作ったりするのです。

みなさまのお住いの土地土地で、さまざまな行事があることと思います。あらためて見直してみると色々な発見があるかもしれません。

image by: Flickr

印刷する

 

1日1粒! 「幸せのタネ」
「楽しく豊かな人生」を送るために役立つさまざまな気づきを、「学び」をキーワードに「幸せのタネ」として毎日お届けします。
<<登録はこちら>> 

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • なぜ年越しそばを食べるの? 5分で読める「大晦日」の雑学
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい