国民の4割が年金を払ってない、は本当なのか? 年金のプロが検証

 

過去に何度か言ってきましたが、公的年金は保険なんです。老後のために保険料を払って積み立ててるわけじゃない。今の現役世代の保険料がそのまま年金受給者に行く賦課方式という方法を取っています(年金は元々は積立方式から始まったが機能しなくなった)。

老後の年金の場合で言えばなぜ保険料を納めているのかというと、誰にもわからない長寿リスクに備えてるわけなんです。損得とかは結果的なものであり、二の次。

歳を取り、老齢になったら働く事が困難になりますよね。そしてこんな超高齢社会になったらいつまで生きるのかわかんないですよね。生きてる間は国が終身で公的年金を支払いますというわけです。

そして若い人達が老後になった時、その老後を支えてくれるのはその時の現役世代の保険料。いつまで生きるのかわからない超高齢社会の中で、公的年金を守っていく事はとても大切な事なんですね。

破綻している年金制度はやめちまえ!で本当に撤廃したらどうなる?

まあいろいろ不安を煽られる年金制度ではありますが、表面的な事だけに惑わされないようにしましょう~。

image by: Shutterstock.com

 

年金アドバイザーhirokiこの著者の記事一覧

年金アドバイザーのhirokiと申します! 年金は国民全員にとってとても身近なものであるにもかかわらず、なかなかわかりづらくてなんだか難しそうなイメージではありますが、老齢年金・遺族年金・障害年金、その他年金に関する知っておくべき周辺知識をご紹介します。 最新情報も随時お届けしています。 ※まぐまぐ大賞2016「知識・ノウハウ部門」2位受賞、2017年まぐまぐ大賞メディア部門MAG2NEW賞12位受賞、2018年まぐまぐ大賞知識ノウハウ部門5位受賞。 まぐまぐ殿堂入りメルマガ。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座 』

【著者】 年金アドバイザーhiroki 【発行周期】 不定期配信

print
いま読まれてます

  • 国民の4割が年金を払ってない、は本当なのか? 年金のプロが検証
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け