【書評】あの野麦峠でも? 日本の山で本当にあった怖い話

0327_creater
 

世の中にはどうにも解明できない不思議な出来事が多々ありますが、特に「山」ではその類の話が多く聞かれます。そんな山での恐怖体験をされた方から直接お話を聞き編まれた一冊の本が、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で紹介されています。

A1yMia1al1L

山怪 弐 山人が語る不思議な話
田中康弘・著 山と渓谷社

田中康弘『山怪 弐 山人が語る不思議な話』を読んだ。2015年のベストセラー「山怪」の第二弾。前作と同じ手法で日本各地を回り、話を聞いている。山間部に暮らす人、森林伐採等の山仕事に従事する人、登山者、猟師、修験者などから様々な体験談を引き出す。どこに不思議な話があるのか、分からないままに「彷徨える取材を重ねた労作である。不思議な話がほとんどで、心底恐い話はないが、じわじわ来るイヤな気分は味わい深い、という読後感はほぼ同じだった。ひとまず用心して、眠る前の読書はやめた。明るいテラスで一気に読了し、めぼしい話を再読しようと、もう一度本を開く。

かなり恐ろしい話がある。朝早く山菜採りに出かけるのが面倒なので、夜中に山中に入り車中で仮眠していた。林業関係者以外は車で入れない林道である。ふと胸苦しさに目が覚めた。たまらなくいやーな感じ。シートから体を起こして驚いた。「人がね、いるの。たくさんの人がその辺りの森の中にいるのが見えるんだよね。車の中を覗き込む人もいてね。それが段々増えてきて周りを囲まれたんだよ。みんなね、女工さんなんだよ。昔の女工さんの格好をした人たちが車に手をついて中をじっと見てたんだよ。あれは怖かったよ」って、そこは野麦峠である。どうやって帰ってきたかは書かれていないが、これ怖い。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【書評】あの野麦峠でも? 日本の山で本当にあった怖い話
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい