仕事への違和感を放置する人が陥りがちな「洒落にならない状況」

shutterstock_518639140
 

自分の仕事に違和感を覚えながらもズルズルと続けている方、どうやら注意が必要なようです。そのような「違和感」は、必ず検証すべきだとするのは無料メルマガ『ビジネス発想源』の著者・弘中勝さん。放置しておくと大変な状況に陥る可能性、大だそうですよ。

違和感の特定を急ぐ

車で道路を走っている時に、「なんかこの車、違和感があるなあ……」と何となく感じたら、とりあえず車を止めてみて、問題を確認します。「なんかこの道、違和感あるんだよなあ……」と何となく感じたら、とりあえずその道から外れて、違う道を選びます。

なんかこうしっくり感じない時には、それ以上使い続けるのをやめて、いったん止めたり離れたりします。それが、人間の本能的な危機管理能力です。

人間はそういう本能を持っているのに、なぜか生き方に到っては違和感があっても突っ走る人がたくさんいます。「この仕事、自分に絶対合わないんだよなあ……」と分かっていながらも、ズルズルとそのまま仕事を続けてしまう。その仕事は合わないけれども極めてやろう、という意気込みではなくて、単純に「辞めたらなんか周囲に恥ずかしい」とか、「辞めるのってなんか勇気が要る」とか、単純に惰性で続けているだけ。

また、「これ絶対、違法だよなあ……」と気づいていても、これまでやってきたし、みんな結構やってるし、などと前例や周囲の状況を引き合いに出してズルズルとそのまま悪いことを続けてしまう。「なんかこのままではマズいと思う」「このままではいけないんだろうなーと思う」と、本能では感じ取っているのに、そのまま続けているという人がすごく多いのです。

これは、冒頭の車の例で言えば、「なんか車が調子悪いけど、もう走り出しちゃってるし」「なんか道路の状態が悪いけど、もうここまで来たし」などと言って、乗り続けているようなものです。車だったら降りるのに、仕事や人生だったら降りられない。そうやって、不安なままずっと突っ走り続け、結局ものすごく時間を無駄にしていたり挙げ句の果てには大きな事件を引き起こしたりします。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 仕事への違和感を放置する人が陥りがちな「洒落にならない状況」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい