なぜロシア地下鉄テロは起きたのか。現地在住邦人が内情レポート

shutterstock_614917523
 

世界各国で連日のように発生しているテロ事件。つい先日も、ロシアのサンクトペテルブルクで地下鉄爆破テロが起こり、14名の尊い命が奪われました。このような卑劣な犯行を、「宗教的な問題」ということで片付けて良いものなのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、ロシアで目の当たりにした差別を例に挙げながら、「移民たちの怒り」とテロの関係について論じています。

テロはなぜ起こる?

皆さんご存知と思いますが、ロシア・サンクトペテルブルグの地下鉄で4日テロが起こり、14人が亡くなりました。犯人は、中央アジア・キルギス生まれのウズベキスタン人、アクバルジョン・ジャリロフだそうです。イスラム国ISとの関係が指摘されています。

この事件を深堀りはしません。「なぜテロは起こるのか?」について考えます。日本も「他人事」ではないからです。

テロの動機は、差別への怒り

ニューズウィーク日本語版4月5日から引用します。

容疑者ジャリロフはキルギス生まれのウズベク人。民族衝突で家を追われてロシアに移り、サンクトペテルブルクの寿司バーで働いていた。ジャリロフのようにロシアで働く中央アジア出身者は、ISISなどの過激派グループにとって格好のリクルートの場だ。

ロシアでは現在、何十万人もの中央アジア人が暮らしている。職を求めて移住してきた人々だ。彼らの多くは、建設現場など、低賃金で劣悪な条件の労働環境で働いている。

ジャリロフがなぜ自爆テロを行ったのかはまだわからないが、出稼ぎ労働や経済的な極限状態が中央アジア人の過激化の大きな原因になっているのは確かだ。

私はこの文を読んで、「そのとおりだ!」と思いました。実際、私が一歩家から外に出れば、道路の清掃をしている人、雪かきをしている人、工事現場で働いている人などは、中央アジア系の人ばかりです。

私は(同じアジア系の)日本人ですから、近所の中央アジア人と普通に話せます。ほとんどの人は、いい人です。しかし、ニューズウィークで書かれているような理由で、「怒りを胸に秘めている人たちも、やはりいるのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • なぜロシア地下鉄テロは起きたのか。現地在住邦人が内情レポート
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい