忘れ去られたら負け。お客様に自分を思い出してもらえる接客術

 

まぁ、私の場合は特殊なのですが、別にこんな名前でなくてもやりようはいくらでもあります。

  • お客様がよく目にするもの
  • お客様がよく行く場所
  • お客様がよく使うもの

そういったものに、自分自身を関連づけておくことで、思い出してもらえるきっかけが生まれます。

例えば、好きな漫画や音楽。お客様の好きな漫画で盛り上がれば、それを読んだときに、「あの人、この漫画好きだったな」と思い出してもらえるかもしれません。音楽も、CDを聞いたり、ライブに行ったりして、思い出してくれることも考えられます。

もちろん、商品的な知識も有効です。「この商品を使うときはこうして使うといいですよ。使うたびに思い出してくださいね」という言葉で、実際に商品を使うたびに、販売員の顔を思い出すことになります。新しく商品が欲しくなったときにも、有効ですよね。

こういう思い出してもらえるきっかけをこちらから提供しておくことで、いわゆる再来店率は高くなります。ただ単に、「また来てくれたらいいな」と思っているだけでは足りないのです。

自分がお客様にどんなきっかけを提供できるか、考えてみてください。そのためにも、会話を沢山してお客様との接点を見つけましょう。

今日のおさらいです。

  • お客様が思い出すきっかけを作っておく。

image by: Shutterstock.com

坂本りゅういちこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 坂本りゅういち 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 忘れ去られたら負け。お客様に自分を思い出してもらえる接客術
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい