【書評】天才・羽生善治が対局に負けるほど入れ込んだAIの可能性

0620_creater
 

人工知能は、敵なのか、味方なのか…。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介されているのは、天才棋士・羽生善治氏がレポーター役として出演した番組の取材後、更に思索を重ねて出版されたという人工知能に関しての一冊です。柴田さんも舌を巻いた羽生氏の「慧眼」とは?

81L+uBkTVPL

人工知能の核心
羽生善治 NHKスペシャル取材班 NHK出版

羽生善治・NHKスペシャル取材班『人工知能の核心』を読む。番組企画は2015年にスタートし、間髪を入れずレポーター役を引き受けた羽生が、アメリカ、イギリス、日本各地を取材班と一緒に飛び回る。あまりに取材へエネルギーを投入したため、本業の対局で負けることもあった。

番組は2016年5月15日に「NHKスペシャル 天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」として放送された。羽生は人工知能の進化を肌身で感じており、その進化を人間の新たな可能性を切り拓くものだと肯定的に考える人だったから、様々な論点の核心にズバリ切り込む、考えられる最善のレポーターであった。

「人間VS人工知能」という単純な対立構造を考えるのではなく、人間がさらに可能性を広げるために、人工知能をどう使っていくべきかを探る優れた番組。なんで棋士がテクノロジー革命を考えるんだ? と舐めていてすみません。最前線の取材後に、更に重ねた思索の結果を注ぎ込んだこの本、素晴らしい。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【書評】天才・羽生善治が対局に負けるほど入れ込んだAIの可能性
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい