加計学園問題を追及したメディアは本当に「中立」だったのか?

 

今年に入ってからのテレビは、連日のように森友問題、そしてこの加計問題で番組を占拠し、反安倍の報道を嵐のように展開した。その結果、一強体制とまで言われた安倍内閣の高い支持率は大幅に落ち込んだ。

ところが肝心の報道の中味はどうだろう。加計学園理事長の加計孝太郎氏が安倍総理の友人だから、何らかの便宜が図られたのではなかろうか、という憶測ばかりで、そこに具体的な根拠は一切示されていない

その上で「初めから加計学園に決まっていた」「官邸の動きがあった」「行政が歪められた」といった、何の裏づけもない前川氏の発言ばかりをことさらにクローズアップする。

一方、前川氏とは正反対の、「歪められた行政が正された」という主張をする加戸氏、「規制改革のプロセスに一点の曇りもない」という原氏の発言はほとんど取り上げない。

ここまで偏った報道を連日のように繰り返せば、ひょっとして安倍総理は何か悪いことをやったのではないかという疑念が国民の間に広がっていくのは当然である。

「報道しない自由」を盾に、事実の一方を隠蔽して政権否定を繰り返すテレビ。これは日本憲政史上最低最悪のメディアジャックであり、日本の自由社会の深刻な危機だと私は断じたい。

image by: Shutterstock.com

致知出版社この著者の記事一覧

京セラ・稲盛和夫氏、サッカー日本代表・岡田武史氏など、人間力を高める月刊誌『致知(ちち)』に登場した各界一流人の名言や仕事術など、あなたの「人間力アップ」に役立つ情報を配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 致知出版社の「人間力メルマガ」 』

【著者】 致知出版社 【発行周期】 日刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 加計学園問題を追及したメディアは本当に「中立」だったのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい