日本統治時代に学べ。台湾の若者はなぜ「日本」を懐かしむのか?

 

日台が互いに積極的に交流を促進しようとするこうしたイベントの数々によって、若者世代の相互理解が深まることで、かつての日台間に流れる歴史にも関心がいき、過去を知った上で日台が同じ未来予想図を描いていけたら、こんな素晴らしいことはありません。

東日本大震災のとき、台湾の民間から集まった義援金は200億円とも言われています。赤十字で公表された額は200億円ですが、さらに被災地へ直接持っていた義援金などを含めると、さらに大きな額になっていたはずです。ここが、台湾と中韓の違う点です。台湾の心性がここにあらわれています。

人間不信の中韓では、いわゆる「辛災楽禍」、つまり他人の不幸を喜ぶ心性があります。インド洋の大津波では、中国のネットの書き込みで「これでインドは中国に追いつけなくなった」という声が溢れ、四川大地震で大勢の犠牲者が出れば、「中国人は多すぎるから死んでちょうどいい」などと暴言が続出しました。

2011年9月に韓国で開催されたプロサッカー試合(アジア・チャンピオンズリーグ)では、日本のセレッソ大阪と韓国の全北現代の試合において、韓国側の観客スタンドに「日本の大地震をお祝いします」という横断幕が掲げられたことが日本の国会でも話題になりました。

質問本文情報

一方の台湾ですが、日本が台湾を領有した十年あまりしか経っていなかった当時、日露戦争への戦費の義援金を募ったところ、当時の「日日新聞」によれば、多額の寄付が集まった都市の1位は東京、2位は大阪、3位は台湾でした。

また、四代目台湾総督の児玉源太郎の没後、江ノ島にその名を冠した児玉神社を建立するにあたり募金を行ったところ、わずか2週間でその建立費のほとんどが台湾から集まり大正10年(1921年)に建立されるに至りました。設置されている狛犬も、台湾の有志から贈られたものです。2006年には李登輝元総統が揮毫した扁額が贈られました。

児玉神社の例大祭で盛大に李登輝前総統の揮毫になる扁額の除幕式 藤沢市観光協会会長や藤沢市議会議長ら150名が参列

これが台湾人の心性です。その根本的理由は、やはり台湾人と日本人はもともと似ているところが多かったというのが私の持論です。島国としての環境が育んだ類似性かもしれません。いまだ解明されていない文化的相似点については、まだまだ研究の余地がありますが、陸、海、島で暮らす人々はそれぞれエトスが異なるのです。

中華大陸と陸続きの朝鮮半島と、海によって大陸と隔絶された島国の台湾で、民族性から日本に対する感覚まで180度違うのも、そうした地理的環境が大きく作用しているのではないかと思います。

続きはご購読ください。初月無料です

image by: Flickr

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2017年11月21日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※1月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

2017年12月分

・カタルーニャ独立阻止を支持しながら沖縄独立を煽る中国の卑劣/児童虐待が生む無感情な社会(2017/12/26)

・中国ばかりか世界から嫌われる韓国の「ノーショー根性」/いまだ中国が有毒な偽物食品、偽薬品の輸出大国であり続ける理由(2017/12/19)

・沖縄は中国支配が進む「オーストラリアの危機感」を直視せよ/台湾で神様になった日本人はまだまだいる!(2017/12/12)

・同盟国からも見放されはじめた「一帯一路」/アジアにおけるソフトパワーの中継基地となる台湾(2017/12/07)

※1ヶ月分648円(税込)で購入できます。

黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実』(2017年11月21日号)より一部抜粋

黄文雄この著者の記事一覧

台湾出身の評論家・黄文雄が、歪められた日本の歴史を正し、中国・韓国・台湾などアジアの最新情報を解説。歴史を見る目が変われば、いま日本周辺で何が起きているかがわかる!

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」 』

【著者】 黄文雄 【月額】 初月無料!月額660円(税込) 【発行周期】 毎週 火曜日 発行予定

print

  • 日本統治時代に学べ。台湾の若者はなぜ「日本」を懐かしむのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け