デキの悪い人が上司になったら、常に「砂時計」を思い浮かべよう

shutterstock_253521355
 

部下ができて「これでやっと仕事が早く終わる」と思ったのも束の間、彼らからの相談や質問を受け、その一部を引き受けたりしているうちに、気づけばまたも仕事の山で帰りは終電…。こんな状況から脱するための方法を、無料メルマガ『弁護士谷原誠の【仕事の流儀】』の著者で現役弁護士の谷原先生がレクチャーしています。

なぜ仕事は砂時計なのか?

こんにちは。

弁護士の谷原誠です。

時間管理は、基本的に自分自身の時間の使い方を考えることですが、仕事においては、実は「対人関係も見逃せないファクターとなります。たとえば、上司が部下に指示を出して仕事をする場合、上司が自分の時間を使ってもできる仕事を、部下に任せるのが通常だと思います。つまり、部下と関係することが、自分、そして組織全体の時間管理となっています。

上司になると、部下に仕事を譲渡し、コアとなる仕事をすることが求められます。しかし、部下ができたにもかかわらずいっこうに忙しさから解放されない人がいます。むしろ、より一層忙しくなってしまった、という人すらいます。

うまくいかない一つのパターンのは、上司にありながら組織内の仕事をすべて抱え込み自分でやろうとする傾向のある人です。ある種の責任感なのか、「この仕事は自分にしかできない」という固定観念なのか、部下を信頼していないのか、様々な要因があるでしょうが、組織全体でやるべき仕事を抱え込んでは、自分の時間はいくらあっても足りません

部下に仕事を任せた後も、差が出ます。一度指示して仕事を任せても、部下は途中で、質問や相談をしに来ることが多いでしょう。その時の反応を考えてみましょう。

中には、「やっぱり自分がやらなくては」と自分で一から始めてしまうパターン。自分でやったほうが早い場合も多いものですが、これでは、それまで部下が使った時間そして自分の時間と膨大な無駄が発生します。

また、質問や相談を受けてから「じゃあ、ちょっと考えておくよ」と、回答をペンディングするのもよくありません。その時間、部下は仕事を進められなくなり、同時に上司の時間を消費することになり、無駄な時間が発生してしまいます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • デキの悪い人が上司になったら、常に「砂時計」を思い浮かべよう
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい