R-1ぐらんぷりで優勝。盲目の芸人・濱田祐太郎が成し遂げた偉業

スクリーンショット 2018-03-21 19.47.21
 

毎年ピン芸人の頂点を決定する『R-1ぐらんぷり』で、過去最多のエントリー3795人の頂点に輝いたのが、盲目の芸人・濱田祐太郎さんでした。今回の『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』では著者でNY在住の著者・りばてぃさんが、その濱田さんが「笑い」を通して教えてくれた「健常者の知らない世界」の尊さを紹介しています。

盲目の芸人、濱田祐太郎さんR-1ぐらんぷり優勝で思うこと

(1) 盲目の芸人の濱田祐太郎さん

3月6日に開催された「ひとり芸人日本一」を決める「R-1 ぐらんぷり 2018」(過去最多の3795人がエントリー)の決勝戦で、盲目の芸人の濱田祐太郎さんが優勝し、ニュースに。

日本では大きな話題になっているようで、ご存知の方も多いだろう。

濱田さんは神戸市出身。

白杖(はくじょう)で舞台に登場し、盲目の生活を笑いに変えて観客を沸かせたとのこと。

ご参考:

盲目の芸人浜田祐太郎が過去最多R1ぐらんぷり制す

R-1の優勝を契機に、濱田さんは、様々なテレビ番組にご出演され、生まれつきの盲目(幼少期は光の明るさや色は若干認識できたと語っている)であることや、盲学校時代のエピソードなどを明るく披露され、その姿もまた話題になっているようだ。

バラエティ番組や情報番組などで濱田さんと共演された方々からは「ひと昔前だったら、こうはならなかったかもしれない」、「新しい時代がやってきた気がする」、「彼がきっかけとなって(障がい者も含めて)またいろんな人が出てきたらいいよね」・・・といった声が出ている。

本当に素晴らしいことだと思う。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • R-1ぐらんぷりで優勝。盲目の芸人・濱田祐太郎が成し遂げた偉業
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい