乙武洋匡、42歳で「性欲は落ち着いてきたけどモテたい」

2018.05.16
7
152628349639428900 copy
 

5月11日、AbemaTVで『エゴサーチTV』が放送された。

“エゴサーチ”とはインターネット上で、自身の名前などを検索して自分自身の評価を確認する行為のこと。本番組は、“エゴサーチ”が得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していく1時間のトークバラエティ番組。

この日のゲストには、ベストセラーとなった「五体不満足」の著者でタレントの乙武洋匡が登場。
乙武は「R-1ぐらんぷり2018」で優勝したお笑い芸人の濱田祐太郎について、「正直(優勝して)嬉しかった。『五体不満足』を出版して20年、待てど暮らせど僕みたいな障がいを持って人々のイメージを覆してくれる人は出てこなかった。
正直1人でやるのもしんどかったところに、濱田さんが登場された」と喜びを語るものの、濱田のニュース記事を見て「みんな濱田さんを“さん付け”する。これってまだ芸人としてのスタートラインにどれだけ立ててるのかなと思うと、まだ超えなきゃならない壁があるのかなって」と語った。

さらに乙武は「だから不倫でもしたらいいんですよ、あと実は見えてるとか。ちゃんと叩かれた方がいい」と濱田へアドバイスを送り、障害をいじる側にリスクがかかってしまう“障がい者”と“お笑い”の難しさについても自身の経験を織り交ぜながら語った。

152628350581916400

“5人と不倫していた”“学生時代からモテていた”という記事から、話題は乙武がモテる理由に。
数々の芸能人から「男らしい」と言われる乙武は、その理由に「オープンなんですよ、相手が男性でも女性でも嫌われることへの恐れがあんまりない」と話し、西野が「噂で、乙武さんって性欲強いって聞いたんですけど、本当ですか?」と尋ねると、乙武は「まぁ…多分そうでしょうね。またこれネットニュースになるよ!」と答えスタジオの笑いを誘い、さらに「カッコつけずに正直に言っていい? 42になって、性欲は落ち着いてきたけどモテたい」と明かした。

©AbemaTV

<関連サイト>
アントニー、アジャ・コングのコスプレに自信も…
http://www.entameplex.com/archives/43113

城咲仁、どん底時代は「周りの芸能人も離れていった」
http://www.entameplex.com/archives/42970

インリン「M字開脚しんどかった」グラビア復帰にも言及
http://www.entameplex.com/archives/42731

 

記事提供EntamePlex

Entame-Prex

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • 乙武洋匡、42歳で「性欲は落ち着いてきたけどモテたい」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい