日台関係を悪用した詐欺集団の幹部逮捕で、台湾は連日の大騒ぎ

 

逮捕時の様子については、以下報道を引用します。

台湾の日本復帰などを主張する組織「台湾民政府」がもうけ話をえさにマルチ商法まがいの方法で資金集めをしているとして、桃園地検は10日、台湾民政府中央会館(桃園市)や幹部7人の自宅を家宅捜索した。検察は同組織を「政治ねずみ講」と形容している。

 

台湾民政府は、台湾の事実上の主権は日本の天皇が有しており、架空の「米国軍政府」に台湾が将来的に接収されると主張。2008年の発足以来、「将来は政務官になれる」など巧みな言葉によって、同組織が発行する身分証や自動車のナンバープレート、車検証などを販売していた。同組織は、台湾民政府の身分証があれば、米国にビザなしで入国できると触れ回っていた。

 

検察は市民による検挙を受け、台湾全土の被害者110人余りに聞き取りを行ったほか、外交部(外務省)を通じて米国に問い合わせたところ、台湾民政府が宣伝していた内容が全て虚偽だったことが判明。政治的な話術でカモフラージュされた「政治犯罪」だと判断した。

 

家宅捜索では現金1億3,000万台湾元(約4億7,800万円)と外貨、会員名簿、エアガン9丁、多数の警棒などが見つかった。会員は3万6,000人に上り、少なくとも3億元(約11億円)を不正に得ていたとみられる。

 

検察は詐欺やマネーロンダリング(資金洗浄)の容疑で創設者の林志昇容疑者や幹部ら計7人の身柄を拘束した。

日本復帰主張の「台湾民政府」は“政治ねずみ講”=検察、本部を家宅捜索

家宅捜索によって、幹部が住む豪邸から大量の現金が発見されました。ある程度の量で束ねられた大量の現金は、ブランドバッグに無造作に入っていたとの報道もあります。

幹部は豪邸に住み、贅沢な暮らしをしている一方で、その現金はどこから来たのかと言うと、台湾独立を志す会員の人々からでした。日本でも、2015年前後からこの団体のことはネットで話題になっており、一体どんな団体なのかと噂になっていました。

ある日本のネットユーザーは、台湾民政府は危険な詐欺集団であり、彼らの実態を知らずにその活動に加担して指示する日本人は、あまりに無知であり、無知は罪である、といったコメントも出していました。「台湾の声」というメーリングリストでは、2013年4月に「『台湾民政府』林志昇カルト集団に注意!」と題した警告文も発しています。

もちろん、彼らが発行する身分証も車のナンバープレートも法的には効力がありません。それでも、会員をその気にさせお金を出させるほどの巧みな話術を持っていたのが林志昇なのでしょう。台湾のメディアでは、彼らのことを「政治的ネズミ講」と呼んでいます。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 日台関係を悪用した詐欺集団の幹部逮捕で、台湾は連日の大騒ぎ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい