日台関係を悪用した詐欺集団の幹部逮捕で、台湾は連日の大騒ぎ

 

私は、日本に来てから五十数年の間に三度ほど東京地裁に足を運んだことがあります。60年代に二度足を運んだのは、友人の国籍訴訟をめぐる傍聴でした。三度目は、「台湾民政府をめぐる名誉毀損訴訟の証人喚問で、証人としての出廷でした。

台湾民政府が日本に進出するにあたり、日本の多くの保守系の方々の支持を得ました。しかし、その台湾民政府は台湾の検察から詐欺集団として家宅捜索を受ける「政治ネズミ講」でした。これを知った日本側の支持者たちは、今後どのような動きを見せるのか、私はむしろそちらへの関心のほうが強いです。

台湾民政府の活動については、台湾独立建国連盟本部から何度も連絡があり、「ネット作戦」で勧誘している詐欺集団がいるから関係者は要注意だという忠告を何度も受けました。

かつて、司法大臣をしていた大学の友人に、日本の法定で台湾民政府の活動についての性格などを証人として証言したらどうなるのかを、直接相談したこともありました。

彼らのしていることが、法廷の場で「真相究明」されれば、彼らに利用されてきた日本の方々も少なくないことがわかるのではないでしょう。また、今回の逮捕劇の裏には、蔡政権も関係あるのではないかと思っています。蔡政権になってから、彼らの活動の基盤が不安定になったことで、司法当局が動き出すことができたと推測できるからです。

image by: 台灣民政府 - Home | Facebook

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年5月15日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー

※今月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

2018年4月分

  • 中国の対米報復関税は習近平の命取りになる/中国の圧力にもかかわらず、国際社会で進む台湾の「国家化」(2018/04/4)
  • 大谷翔平フィーバーの背後で、在米韓国人の反日活動が活発化する可能性/95歳の李登輝がいま「台湾独立」を呼びかける意味(2018/04/10)
  • 中国当局の代弁者となったジャッキー・チェンに対して広がる反感/欧米の後押しを背景に外遊に出る蔡英文(2018/04/17)
  • 南北首脳会談を前に軍事行動を活発化させる習近平の焦り(2018/04/024)

※1ヶ月分648円(税込)で購入できます。

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年5月15日号の一部抜粋です。

黄文雄この著者の記事一覧

台湾出身の評論家・黄文雄が、歪められた日本の歴史を正し、中国・韓国・台湾などアジアの最新情報を解説。歴史を見る目が変われば、いま日本周辺で何が起きているかがわかる!

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」 』

【著者】 黄文雄 【月額】 初月無料!月額660円(税込) 【発行周期】 毎週 火曜日 発行予定

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 日台関係を悪用した詐欺集団の幹部逮捕で、台湾は連日の大騒ぎ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい