近すぎず遠すぎず。なぜ売れる販売員は客との距離感が絶妙なのか

 

ですから、そうならないためにも、販売員同士で距離感のチェックをしておく必要があります。スタッフ同士で、話し合って、「私はこの距離なら大丈夫」「いや私は、この距離だと近すぎる」といったチェックをすることで、自分の感覚とは違う感覚の意見を得ることができます。

その中で、自分が想定しているよりも、近すぎる・遠すぎるという意見があるのであれば、普段の接客でも意識しておかなければいけません。「このお客様はどのくらいの距離なら大丈夫かな?」と、相手のパーソナルスペースを考えられるようになることで、接客で重要な距離感を保つことができます。

自分の中の“大丈夫”が、他人と同じだとは限りません。せっかく接客そのものが良くても、距離感が合っていなくて、お客様に避けられては、とても残念ですよね。そんなことにならないように、事前にスタッフ同士で距離感のチェックをしてみましょう。

今日のおさらいです。

  • どんな距離感でお客様と接すれば良いのか、自分の距離感は問題がないか、事前にチェックしておく。

image by: Shutterstock.com

販売力向上講座メールマガジンこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 販売力向上講座メールマガジン 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 近すぎず遠すぎず。なぜ売れる販売員は客との距離感が絶妙なのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい