店の若い子に「笑顔で接客を」と教えても上手くいかぬ当然の理由

 

ですから、余計に、やる意味の理解が必要なのです。

理解してもらおうと思ったら、しっかり話をして、考えてもらう必要も出てきます。

「笑顔で接客をするのはなぜだと思う?」
「笑顔で接客をされるのと、無愛想な顔で接客されるのとだったら、どっちが良い?」

と、ひとつずつ丹念に意味を考えてもらい気づきをもたらして意味を理解してもらう。場合によっては、とても面倒に感じるかもしれませんが、これができていないと、いつまで経っても、やってくれることはありませんし、たとえやれても、見えないところではどうなっているかもわかりません。

若年層のスタッフ育成に苦労されているという方。

やってほしいことを伝えて、育成しているスタッフの方々は、本当にそれをやる意味を理解してくれているでしょうか? 感覚の違いが起こっている可能性はありませんか?

今日の質問です。

  • 育成において、それをやる意味を理解してもらえていますか? 本当に理解してもらうためには、何をする必要がありますか?

image by: Shutterstock.com

販売力向上講座メールマガジンこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 販売力向上講座メールマガジン 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 店の若い子に「笑顔で接客を」と教えても上手くいかぬ当然の理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい