600万円が1億に化けた。精肉店の焼肉イベントが大成功した理由

shutterstock_406860298
 

競争の激しい小売業界においては、数多ある店舗の中からまず自店の名前を覚えてもらうことが肝心ですが、600万円の経費をかけハデな顧客感謝イベントを開き、店舗の認知度、売上げアップに大成功したとある精肉チェーン店があります。無料メルマガ『販促アイデアと経営活性化』の著者・前沢しんじさんが、その詳細な内容と収支について解説しながら、イベントを計画するにあたって重要な5つのポイントを公開しています。

600万の経費が1億に化けた!

今回書くことはちょっと信じてもらえないかも知れません。なにしろ書き入れ時の日曜を全店(当時5店舗)休業して、お客さまを1,000人以上招待して、焼き肉を浜で食べ放題+地引網でとれとれの魚をすべてプレゼント+その他色々なふるまいをしたというもの。

かかった費用が休業売り上げも含めて600万以上! そんなイベントを軽いノリでやってしまう。信じられますか? それもキッカケは会議で誰かが言った「お客さまをびっくりさせるイベントやりたいですねー」のひとことから。社長がそれに食いついて、「おー、いいね、やろう。地引はどうだ」の即決定からとんとんと実行に移されたのですから。

これまでも何回か書いていますが、ある精肉チェーン店の社長、田中寛は肉屋なのに「おれ、漁業部やろうかな」などと言うくらいの釣りが大好きだったので、たぶん彼もはじめはノリで言ったのでしょうが、なにしろそこはイケイケの企業風土。あっという間に「やるからには全店休んで本気でやるぞ」という運びになったのです。

「どうするのがいちばんいいか考えろ」と社長から命令が下ったあとは、戦略担当、財務担当、企画担当、営業担当、総務担当などが実際のシミュレーションを行うことになります。

イベント概要と費用

いくらノリでやるといってもそれは途中までの話。やるからにはきっちりした予算や効果予測などを事前に企画・計画する。これは当然です。費用のほとんどは休業の売上げ逸失分およそ500万円(ふだんの日曜の売上げ実績同様とする)。地引網そのものの費用は20万程度だったかと。あとはふるまいのための肉や臨時駐車場を借りるなどの費用です。

店舗従業員全員はじめ、本部、卸しセンター、牧場、その他部門の全社全員参加。会社にとってもお祭りで、本気でみんなもいっしょに楽しもう! という雰囲気。全社一丸という言葉は、実際に参加して動くことで、血が通う言葉になります。

事前の参加者募集活動(販促につなげる)、休業の予告、荒天での中止対策(地引はそれに左右されます)、海辺の安全対策、駐車場の誘導、会場設営など、しなくてはならないことをひとつずつ準備していきます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 600万円が1億に化けた。精肉店の焼肉イベントが大成功した理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい