マイナスドライバーを車に積むと逮捕?車から出すべきものリスト

SONY DSCSONY DSC
 

運転者の中には、「いざというときのために、マイナスドライバーやドリルなどの工具を車に積んでいる」という方もいるでしょう。

しかし、正当な理由なく車に工具を積んでいた場合、逮捕されることがあるということをご存知ですか?

「ナイフやカッターならともかく、マイナスドライバーを積んでいるだけで逮捕されるの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、実際に、マイナスドライバーを積んでいて逮捕されたケースもあります。

この記事では、車に積むと逮捕される可能性のあるアイテムについて解説します。

マイナスドライバー・バール・ドリルは『指定侵入工具』になる可能性

マイナスドライバーのような工具は、ピッキングや車上荒らしなど、本来の用途とは違う目的で使われることもあります。そのため、正当な理由なく携帯していた場合、『犯罪に使うために持っているのではないか』と、疑われる可能性もゼロではありません。

法律上は、マイナスドライバーやバール、ドリルなどは指定侵入工具に該当し、正当な理由なく携帯することは禁止されています。

指定侵入工具は、特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律施行令で細かく定義されており、マイナスドライバーについては、以下のように定められています。

先端が平面で、全幅が0.5cm以上

全長(柄の長さ含む)が15cm以上

参考元:

ほかにも、ハサミ懐中電灯ニッパーホイールレンチなども取り締まり対象となる可能性があります。また、車内にマイナスドライバーを積んでいたことで、実際に逮捕された事件の判例もあります。

<判例>

2004年に東京都にて、被告人が指定侵入工具にあたるマイナスドライバーとカッターナイフを、正当な理由なく車内に隠して携帯したとして、特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律違反および銃砲刀剣類所持等取締法違反などの容疑で逮捕された事件。裁判所は「正当な理由なく携帯していたことは明らか」として、被告人に対し、懲役10ヶ月および執行猶予3年との判決を下しました。

参考元:2004年東京地裁の判決|文献番号2004WLJPCA05250003

罰せられる可能性のある法律

指定侵入工具を車に積んでいた場合、特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律や、軽犯罪法などで罰せられる可能性があります。

特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律では、『業務など正当な理由なく、指定侵入工具を隠して携帯してはならない』と定めており、法定刑は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金です()。

軽犯罪法では『正当な理由なく、ガラス切りやのみなど、建物に侵入するのに使用されるような器具を隠して携帯してはならない』と定めており、法定刑は1日以上30日未満の拘留または1,000円以上1万円未満の科料です()。

まとめ

マイナスドライバーなどの工具の携帯については、『どのような目的で携帯しているのか』、『所持者は現在どのような状況にあるのか』など、さまざまな要素から違法性の有無が総合的に判断されます。しかし、どこまでが『所持するだけの正当な理由』と判断されるのか、線引きは難しいところです。

今回ご紹介したものに限らず、車に工具を積む際は注意し、不用意な積載は避けた方がよいでしょう。

関連記事

サイコパス(精神病質者)の10の特徴と診断基準|実はあなたの周りに・・・?
刑事事件で弁護士に相談すべき人と相談するメリット
車をぶつけてしまった時の罰則は?対処法と修理代の相場を解説
女性から男性への痴漢で罰せられる?罰則の内容と被害への予防策
警察はこうやって取り締まる!スピード違反者を検挙する3つの方法

刑事事件弁護士ナビ

刑事事件弁護士ナビは、詐欺や性犯罪などの罪で逮捕、勾留、起訴されてしまった方を弁護する弁護士検索サイトです。通話料無料、Q&A投稿での無料相談も可能。刑事事件で逮捕されたら、今すぐ弁護士に相談しよう。

https://keiji-pro.com/magazine

keiji

print

  • マイナスドライバーを車に積むと逮捕?車から出すべきものリスト
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け