2020年、なぜ中国の習近平は「神」になったことを後悔するのか?

kitano20180723
 

国家主席の任期制限制度を撤廃し、終身国家主席で居続けることが可能になった中国の習近平氏。しかし生涯安泰とは言えないようです。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、国家ライフサイクル論の観点で、中国の国家成熟過程は日本と酷似していると指摘。周期はぴったり30年遅れという「事実」を自身の著作『ボロボロになった覇権国家』を引用しながら解き明かしています。

習近平が【神】になったことを後悔する日

習近平さんは今年3月、憲法を改定。「国家主席の任期は、『1期5年』『2期まで』」という規制をなくしました。これで習さんは、「死ぬまで国家主席でいられる」ことになった。

毛沢東をこよなく愛する習さんは、個人崇拝を推し進め、「への道をひた走っています。しかし、習さん、後で「嗚呼、神様になんかならなきゃよかった!」と後悔するかもしれません。

西日本新聞7月19日付に、興味深い記事がありました。上海に住む女性が、習さんの看板に墨汁をかけた。

動画は上海市に暮らす女性が4日、市中心部で自ら撮影。習氏が描かれた看板に墨汁をかけ「習近平の独裁、暴政に反対する! 中国共産党に反対する! 私はここで捕まえに来るのを待っている」と叫ぶ映像で、動画サイトに投稿された。その後、女性は警察に拘束されたとみられる。

日本で、安倍総理の写真が貼られた看板に墨汁かけて、「安倍の独裁に反対する!」とやったら、やはり逮捕でしょうか? それでも、逮捕された後の処遇日中ではずいぶん違うことでしょう。

女性は、レックレスですね。ま、これは、「こういう勇気があるというか、無鉄砲な女性がいるのだな~~~」ぐらいの話。しかし、次の話は、深刻かもしれません。

香港メディアによると、11日には国営通信の新華社(電子版)が「華国鋒は罪を認めた」と題する記事を掲載した。毛沢東の後継者として最高指導者になった故華国鋒・共産党主席が個人崇拝を進めたとして批判を浴び、非を認めたとする内容。中国では習氏の「1強体制」が強まった昨秋の党大会以降、青年時代の逸話を基に習氏を称賛する報道や出版物が増えており、記事は個人崇拝が広がりつつある現状を暗に批判したと受け止められた。すぐに削除されたが、国営メディアが習氏批判とも取れる記事を流すのは異例。党内で習氏に不満を持つ勢力が関与したとの見方もある。

なるほど~。中国にも習さんの神格化に反対する勢力があると。確かに「神」毛沢東さんの時代、中国は、「大躍進」「文化大革命」で、とんでもない状態になりました。ソ連も「神」スターリンが、自国民を大虐殺した。同じ過ちを繰り返すのは、愚かですね。

この二つだけでは、例が少なすぎますが。習さんに対する不満は全体的に強まっているようです。

一連の動きは米国との貿易摩擦が激化した時期と重なる。対米外交で有効な手を打てない習氏の求心力が低下している可能性もある。
(同上)

米中貿易戦争を止められなかったことで、習さんの求心力が低下していると。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 2020年、なぜ中国の習近平は「神」になったことを後悔するのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい