いじめ自殺のアンケートを握り潰した、教育委員会と学校の愚行

 

取材調査

一応の配慮はするので固有名詞は避けることにする。市立K中学校の生徒であったことは、現地に行けば誰もが知っている事実である。

そして、転勤族が多く住まう地域性などもあり、この学校ではいじめがあったという話が絶えない。実際、不登校となっている子も多く、有効な対応策が取られている様子はない。

ただネットでは、学校の評判はさほど悪くはない。Aさん一家もそうした評判を聞いて、この地に移り住んできた。

Aさんはクラスに早い段階で打ち解け、友人も増えていった。そして、部活を決めた。

部活はソフトテニス部であった。生まれて初めて握るラケット、はじめてするテニスであった。

もともと運動神経が良いというわけではないが、とにかく努力する子であったから、メキメキと力をつけていった。

Aさんが部活に入るとき、これをやめさせようとしたりクラスに馴染みすぎていてウザイと文句をいう子もいたが、Aさんはやりたいことを優先した。

Aさんは筋が良いということで、試合にも出ることになった。それは嫉妬の対象にもなっていた。

一方で、この部活は調べる限り、ブラック部活であった。部活内には暗黙のルールがたくさんあり、病気であろうが、怪我をしようが、テスト勉強や宿題があろうが、休むことは一切許されない

それでも、Aさんは素直に努力を続け、生まれてはじめて試合に参加した。

その時、もらった賞品こそが、冒頭で紹介したお菓子であった。

その試合の直後に撮影された写真には、お菓子を誇らしげにもつ副顧問や達成感ある笑顔で映る部員、満面の笑顔で写るAさんがいた。

どんなに楽しかっただろうか、どんなに嬉しかったのだろうか。

この時のことを考えれば、いじめをしてくる子もいたが、Aさんはそれより良い方向を見ようとしていた。

Aさん自死後に、遺族がAさんの宝物が入っているケースを整理していた時、このお菓子の袋が、ビニールにキチッと入れられた状態で見つかった。遺族は、はじめ、ゴミかと思ったが、ゴミをこんなに丁寧にビニールに入れて宝物箱に入れているはずはないと思い、再び大切に保管した。

そして、写真を整理している時、試合の時にもらった賞品だということがわかった。

Aさんはこの時、部活の辛いこと、ちょっとした嫌がらせ(いじめ)があっても、部活も部員も大好きであったに違いない。それは、お菓子の袋をこんなにも大切に持っていたことからもわかる。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • いじめ自殺のアンケートを握り潰した、教育委員会と学校の愚行
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい