いじめ自殺のアンケートを握り潰した、教育委員会と学校の愚行

shutterstock_550302541
 

8月17日、名古屋市の教育委員会が「いじめ自殺ではない」としていた女子中学生の転落死事件について、聞き取り調査などを行うことを決めたと発表しました。今回の事件について調査を依頼されていた、現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんは自身のメルマガ『伝説の探偵』で、名ばかりの第三者委員会の実態や、市教育委員会と学校が「生徒たちの声」であるアンケート結果を握り潰した可能性についても明かしています。

ある女子中学生の「いじめ自殺」について

はじめに

unnamed-6 copy

これはある少女が大切に保管していた宝物である。

他人からすれば、ゴミに見えるだろう。

しかし、ビニール袋に入れられたお菓子は、その少女にとっては思い出と共にどうしても捨てられない「宝物」であったのだ。

事件概要

名古屋市名東区で今年(2018年)1月に中学1年生の女子生徒(以下「Aさん」という)が転落死した事件で、名古屋市教育委員会が設置した第三者委員会は当初いじめはない」と判断していたが、遺族の要請を受け、ソフトテニス部などでトラブルがあったのではないかと聞き取りなどの調査を行うことを決めた。というニュースが、8月17日一斉に報道された。

この件については極めて不可解な点が多い

まず、第三者委員会が公開されていない。市教委が設置とあるが、通例、遺族推薦の委員を委員会に入れて公平性を保つところ、遺族推薦の委員は不存在である。校名も公表されていないが、市教育委員会は記者クラブとしてプレスリリースをしているから、記者は知っているが、公表しないように箝口令を敷いているのである。

さらに、これは転落死と当初報道されたが、自殺である。しかも、自殺前日までは(正確には前年末)比較的元気に登校しており、名古屋にいたのはわずが4ヶ月であった。つまり、転校してわずか4ヶ月で自殺という最悪の事態が発生したことになる。

印刷する

人気のオススメ記事

  • いじめ自殺のアンケートを握り潰した、教育委員会と学校の愚行
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい