無印良品も標的。「台湾製」表記を認めない中国の止まぬ嫌がらせ

 

現在、インドネシアのジャカルタでアジア大会が開催されていますが、台湾は金メダル12、銀メダル12、銅メダル17を獲得しています(8月27日現在)。とくに体操のあん馬では、台湾人の李智凱選手が金メダルを獲得、銀・銅に終わった中国人選手を押さえての優勝ということで、台湾では大きく報じられました。

中国の人民網では李智凱選手を「中国台湾選手」と紹介していますが、国旗掲揚では中国国旗とはまったく別の旗が掲揚されました。もっとも台湾の青天白日旗ではなく台湾のオリンピック委員会の旗です。これも中国からの圧力で、青天白日旗が使えないからです。

とはいえ、両隣に中国の五星紅旗を従えて、一番高いところに台湾オリンピック委員会の旗が掲げられたのは、ある種、爽快な眺めでもありました。中国と台湾が違う国であることを、はっきりと国際社会に示したからです。

亞運/李智凱體操奪金 強國人看到這張圖崩潰了

台湾人は幼い頃から中国の恫喝を受けてきましたから、「またか」という感覚です。もちろん中国にシンパシーを感じるどころか、ますます自分たちは日米欧に近いという認識が強くなるだけです。中国政府がいくら自己宣伝しても、まったく魅力がありません。

そのことは中国自身もわかっているとは思いますが、米中貿易戦争へのあせりから、台湾への圧力を強めているわけです。

中国がいくら台湾を貶め、孤立化しようとしても、国際舞台で台湾人、台湾メーカーは躍進を続けます。だから中国は台湾の国際会議や国際大会への参加自体を妨害しようとするわけですが、台湾は決して屈しません

image by: Flickr

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年8月28日号の一部抜粋です。初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込648円)。

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー

※ 初月無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

2018年7月分

  • 国際大会を中国に阻止され、ますます強化された日台の絆/世界のなかの明治維新 第7回(7/31)

  • 日台の絆を悪用して台湾人になりすます中国人/アフリカしか相手にしなくなった一帯一路(7/24)

  • ついに中国で反・習近平の狼煙が上がった/中国に対して「Think different」できないアップル(7/18)

  • 台湾で環境保護運動が進む本当の意味/マナー無視の中国人が自らを窮地に追い込む (7/10)

  • なぜ中国人は他人の不幸を喜ぶ民族なのか/米台接近に日本も加わるときが来た (7/3)

※ 1ヶ月分648円(税込)で購入できます。

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年8月28日号の一部抜粋です。

黄文雄この著者の記事一覧

台湾出身の評論家・黄文雄が、歪められた日本の歴史を正し、中国・韓国・台湾などアジアの最新情報を解説。歴史を見る目が変われば、いま日本周辺で何が起きているかがわかる!

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」 』

【著者】 黄文雄 【月額】 初月無料!月額648円(税込) 【発行周期】 毎週火曜日

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 無印良品も標的。「台湾製」表記を認めない中国の止まぬ嫌がらせ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい