見てるだけじゃお金は増えない。再び暗号通貨が「来る」理由

shutterstock_1007523880
 

2017年~今年はじめにかけて盛り上がった暗号通貨ですが、現在は投資対象としての勢いは陰りを見せているようです。今回の無料メルマガ『音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】』では、ローリスクハイリターン投資先の一つとして、落ち着きを取り戻した今こそ暗号通貨への再注目を提案、その根拠として、今後電子決済の普及に比例し暗号通貨流通システムも普遍的になれば再浮上する可能性が高い点をあげ、詳しく解説しています。

【お金】投資の階段~人は便利さを求めるもの

今日はお金のタネをお届けします。

当メルマガではここ最近、金運のタネを蒔く行為として「投機やギャンブル」の話しを多く取り上げていますが、そうした話題を取り上げる背景的には、ここ数年で盛り上がりを見せている「暗号通貨仮想通貨)」の影響が大きいわけです。

株や先物などの「投資」よりもお金が爆発的に増える可能性があるのが投機でありギャンブルです。そして当テーマではそんな投資や投機を積極的に出来るようになる為に、ハイリスクな投機をローリスクに抑え、且つハイリターンを狙える投資先をお伝えしてきました。

ここで実際に投機に身を転じて将来万倍となるタネを埋め込める人、はたまた資産を突っ込み過ぎて散在してしまう人、さらには結局何も行動出来ずにただ見ているだけの人がいるわけですがあなたはどうでしょうか?

そんなわけで今日は久々に「暗号通貨の現在と今後についてお伝えしたいと思います。

今年「暗号通貨」の話題を取上げたのは1月と4月ですので、ちょうど四半期毎にこの話題に触れていますね。

年初に大きく膨れ上がったその時価総額は、2Qまでに半減し、現在3Qの途中では3分の1程までに減少してしています…。ですから話題的にも下火となり、世間的にはほぼ忘れ去られている状況ではないでしょうか。

私的には今年仮想通貨は投機やギャンブルを徐々に抜け出し、価格が安定してボラティリティ(値幅変動の激しさ)が小さくなっていくのではと思っていましたが、現時点ではあと数年3年間は投機商品であり続けるだろうと考えています。

そうした意味では当面仕込み時期は続くわけでして、特にこうした下落局面で誰も手を出したがらない時こそ将来の旨みがあるものです。投機商品であるうちは仕込みタイミングに早い遅いは無く「いつでもよい」ですから、現在のタイミングで投機を検討するのもおススメです。

ちなみに以前、少し暗号通貨を知っている人から

「音多さん、暗号通貨なんて通貨として使えないんだからゴミになるだけでしょ。本気で値上がりすると思ってるんですか? 根拠もないのに」

と言われた事があるのですが、私は実際どう思っているか?

まず私の場合、暗号通貨がゼロの電子ゴミになっても良いんですね。だって何度もお伝えしているように私が推奨している投機方法はローリスクでハイリターン法」なんですから。大きなお金を突っ込むわけではなく「資産の100分の1程度で行う投資」ですからゼロになっても「良い勉強になりました」で済みます。

print

  • 見てるだけじゃお金は増えない。再び暗号通貨が「来る」理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け