台湾代表の選手に「中国」のテロップ。炙り出されたTBSの媚中度

kou20180910
 

池江璃花子選手らの活躍に日本中が沸き、9月2日に幕を閉じたアジア大会2018。しかし開催中には政治的なトラブルも頻発していたようです。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、TBSが台湾選手の国籍を中国と表記したことに注目。各方面からの指摘や批判を受けるやすぐに訂正した同局の姿勢に疑問を呈するとともに、来るべき東京五輪での台湾の扱いにより、日本の各メディアの「媚中度」が炙り出されるとしています。

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年9月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう)
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

東京オリンピックでの台湾の扱いで媚中メディアの本性が炙り出される

● <台湾・日本>台灣最速男國籍被改為「中國」 他向日本TBS電視台抗議

この夏、ジャカルタで開催されたアジア大会2018は、結果的に競泳の池江璃花子選手をはじめとする日本勢の強さを示す形で幕を閉じました。

しかし、大会開催中には選手を巻き込んだ、小さな政治的なトラブルがたくさんありました。その一つが上記の記事です。台湾最速男と呼ばれる楊俊瀚(ヤン・ジュンハン)の国籍が、TBS放送のテロップで中国となっていたのです。競技は陸上男子200メートル走でした。以下、報道を一部引用します。

同日のレースでは、日本の小池祐貴と楊が並んでゴール。タイムはともに20秒23だったが、小池が1,000分の2秒上回り金メダルを獲得した。自由時報は、このレースを中継したTBSが「4レーン 楊俊瀚 ヨウシュンカン(中国)」と表示していたことについて、日本のネットユーザーから「台湾は中国ではない」「TBSは大失態だ」「楊選手は台湾の代表なのに」といった声が上がっていると伝えている。

日本のテレビ局が台湾選手に「中国」の国籍紹介、ネットで物議―台湾メディア

ということで、日本からも即座に批判の声は上がり、同時に台湾からも、すぐに間違いを指摘する声は上がったようです。大会終了後もTBSのアジア大会特設ホームページは残っており、問題の競技の動画も閲覧できますが、ここではすでに楊俊瀚の国籍は台湾に変更されています。

アジア大会2018 ジャカルタ

アップルデイリーの記事には、「これをわざとと言わないのであれば、わざととはどんなことを指すのか!!」と、激しい口調で記事は結ばれています。

私は、日本で台湾人が中国籍と表記されたことに対しては、またいつもの媚中行為かという程度にしか思いませんが、この出来事を俯瞰してみると、台湾もついに陸上選手の国籍が中国と表記されたことに対して怒りの記事が出る時代になったのだなあと、そちらのほうに注目してしまいました。

今の台湾は、独自の道を自らの手で切り開き歩いています。それが自信となり、政府も人々も、台湾全体が自信に満ち溢れた空気になっています。そのことだけでも私は涙腺が緩むほどで、台湾人は台湾をここまで成長させたということに感動すら覚えます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 台湾代表の選手に「中国」のテロップ。炙り出されたTBSの媚中度
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい