覇権争いの大本命。世界をリードする大国となる親日国・インド

shutterstock_134094437
 

拡大する一途の中国による海洋戦略に対し、インドの動きに注目が集まっています。アメリカがインドとの防衛協力の強化に乗り出した今、日本は何をすべきなのでしょうか。今回の無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』では著者の嶌さんが、中国の動きとそれに対する各国の動きを解説しています。

中国・インドとどう向き合うか

中国の海洋戦略は、太平洋、南シナ海からインド洋にまで拡大してきている。中国の「一帯一路」構想からすると、西アフリカからインド洋を通って東南アジアへ抜ける”海のシルクロード“も重要な戦略で、それにはインド洋の覇権掌握が欠かせないのだ。

すでにパキスタンではインド洋に面したグワダルで中国国有企業が港の運営権を取得し、港湾建設に取り組んでいるし、バングラデシュでも港湾作りを行なっている。またスリランカのハンバントタでは中国資本の会社が港湾の土地を99年間借り上げたといわれる。さらにアラビア半島とアフリカに挟まれた紅海の出口に位置するジブチはソマリア沖で海賊対策などを行なう中国海軍の拠点になりつつある。またインド洋に面したミャンマーのチャウピューでは中国と結ぶ原油・天然ガスパイプラインの起点として中国資本が港湾整備を行なうことになっている。

これらは全て中国が構想する21世紀の海上シルクロード(一路)の線上にあり、その延長線は地中海を通じてギリシャ、イギリスなどにつながるしパキスタンからは中国・パキスタン経済回廊を通って陸のシルクロード(一帯)にも通じるのだ。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 覇権争いの大本命。世界をリードする大国となる親日国・インド
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい