デキる販売員がやってる、気持ちよく相手の持ち物を褒める方法

 

さらにお客様の持っている情報を接客に活かすことで、別の部分で起こる、もう1つのポイントについてお伝えをしたいと思います。それが何かと言うと、「満足を作り出すことができる」というポイントです。これによって、いわゆる顧客づくりに大きな影響を与えることができます。

満足を作り出すとは言っても、どういうことかがピンと来ませんよね。これは、お客様の持ち物や身につけているもの、その他を含めた情報に関して、褒めた時に起こることなんです。

実は、ほとんどの場合、人が何かにお金を払って、満足感を得られるのは、誰かに褒められた時や興味関心を持たれた時です。例えば、あなたが髪を切ったとして、その髪型が似合う似合わないは、確かに気になるでしょう。しかし、もし自分自身で、似合う髪型だと思っても、結局は、周りの人にどう見られているかが、一番気になるところではないでしょうか。

ですから、一緒に働く同僚だったり、家族なんかに、「えー!その髪型似合うー!!」「あれ? 髪切りましたよね?良い感じですね」なんて言われると、とても嬉しくなります。その結果、「あの店で髪を切ってよかったな」と満足を得られるわけです。これと同じようなことで、お客様の持ち物などに関して、褒めたり、興味関心を持っていることが伝わると、お客様は、満足感を得られます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • デキる販売員がやってる、気持ちよく相手の持ち物を褒める方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい