ゴネ上手プーチンが、交渉の舞台にすら立たず2島返還を渋る理由

kitano20181126
 

11月15日、プーチン大統領は北方領土2島返還後の主権所在について疑問を提示し、「日ソ平和条約交渉の日露解釈の齟齬」を明らかにしました。これを受け国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、北方領土や尖閣諸島など領土問題は、背後の日米同盟や米中覇権争い無視の戦略を立てることはできない、という現状を詳しく解説しています。

【2島先行返還】に横たわる二つの大問題

前々号「70年続く北方領土問題を2島だけ返還で終結させたいロシアの本音」と前号「重要なのは対中戦略。北方領土『2島先行返還』が大正解な理由」では、安倍総理が「日ソ共同宣言をベースに平和条約交渉を進めていくことにした」という話をしました。つまり、「平和条約締結後2島は返還される」。

前々号は、私がモスクワに28年住んだ経験から、「4島返還は非常に困難だ」と感じていること。前号では、「平和条約を締結し日ロ関係が改善されることの戦略的意義」について解説しました。今回は、「2島先行返還を実現する困難についてです。

なんと日ロ(当時ソ連)が批准した日ソ共同宣言に基づく2島返還ですら一筋縄ではいかないのですね。なぜ???

プーチンは、なぜ乗り気でないのか?

安倍総理の提案を聞いたプーチンは、こんなことをいいました。NHK NEWS WEB 11月15日。

「日ソ共同宣言には平和条約の締結のあとに2つの島を引き渡すと書かれているが、引き渡す根拠やどちらの主権のもとに島が残るのかは書かれていない。これは本格的な検討を必要とする」と述べ、宣言に基づいて引き渡すとされている歯舞群島と色丹島の主権がどうなるかなどをめぐって引き続き日本側との交渉が必要だという考えを示しました。

プーチンがいうに「引き渡した2島の主権』が日本になるのかロシアになるのか、書かれていない」。私は、ため息がでました。

「なんじゃそりゃ…」
引き渡すなら主権は日本に決まってるだろう!」

少し落ち着いた後、親日ロシア人に、聞いてみました。

「なんであんなアホなこというんだろうね?だから、日本人に嫌われる」

すると、親日ロシア人はいいました。

「日本人に嫌われるのはそのとおりだろうけど、簡単に妥協したらロシア国民の支持を失う。そっちの方が、彼は困るだろう」

なるほど。そういえば、プーチンの支持率は下がっているのですね。彼の支持率は、2014年3月のクリミア併合後90%に迫る勢いでした。現在はどうなのでしょうか?世論調査機関によって違いますが、10月末から11月初めの時点で、

  • FOM:48%
  • VITSIOM:37%

となっています。人気が下がっている最大の理由は年金改革です。年金受給開始年齢を、

  • 男性:60歳から65歳に
  • 女性 :55歳から60歳に

引き上げる。これ日本人からみたら、「普通じゃん」と思いますが、ロシア人男性の平均寿命は、67歳。つまり、ロシア人男性が年金を受け取れる平均年数は、たったの2年!それで、ロシア人は激怒しているのです。

プーチンは、もはやかつてのような「絶対神ではない。それで、「世論の動向」をとても気にするようになっている。2島返還について、国民やエリート層がどんな反応を示すのか見極めたいところでしょう。2島返還で彼の支持率がさらに大幅に下がるという見通しであれば、強硬になるかもしれません。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • ゴネ上手プーチンが、交渉の舞台にすら立たず2島返還を渋る理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい