諦めたらそこで売上半減だよ。言葉の通じない相手に伝える方法

 

これは、接客販売でも、同じことが言えます。特に昨今は、販売の世界でも、「インバウンド(客)」と呼ばれるような、外国人のお客様が増えました。しかし、今でも、外国人客が来店されると、途端に、「言葉がわからないから接客をしなくなる販売員はたくさんいます

でももし、そんなお客様が多いお店で、「言葉がわからない」という理由によって接客を全くしないとどうなるでしょうか。場所にもよりますが、つい最近話を聞かせてもらった大阪の道頓堀あたりのお店では、5割以上が外国人客だということでした。そんな店で、接客をしなければ、下手をすると、売上の5割くらいを失う恐れもあるわけです。恐ろしい話ですよね。

ただ、たとえ言葉がわからなくても、売る販売員はたくさんいます。それは、言葉そのものに振り回されるのではなく、何でもいいからとにかくコミュニケーションを取って何が伝えたいのかをわかろうとするからです。言葉がわからなければ、日本語での接客でも、伝わるものは伝わります。ボディランゲージでいける場合も多々あります。そんな伝え方どうこうよりも、わかろうとする気持ちがあるかないかで大きく左右されるのが、コミュニケーションだということです。

小さい子供相手でも、そうですよね。何を言いたいのかがよくわからなくても、ちゃんとわかろうとしてあげれば、何となく伝えたいことややりたいことが何なのかは、理解することができます。大事なのは、言語などではなくその気持ちなんです。

ご自分が、言葉が伝わらない相手を接客している時のことを思い返してみてください。「言葉がわからない」ということが先に来て、諦めてしまってはいませんか? ちゃんと相手が何を伝えたいかを、わかろうとしているでしょうか。

今日の質問です。

  • 言葉以外に、コミュニケーションで大事なものには何があると思いますか?
  • 言葉が伝わらない(わからない)相手を接客する時は、どんなことを意識して接客すべきですか?

image by: Shutterstock.com

坂本りゅういちこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 坂本りゅういち 【発行周期】 日刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 諦めたらそこで売上半減だよ。言葉の通じない相手に伝える方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい