諦めたらそこで売上半減だよ。言葉の通じない相手に伝える方法

shutterstock_1125787766
 

外国人を相手にすると突然「言葉がわからないから」とコミュニケーションを諦めてしまう人、いますよね。しかしそれが仕事の売上を左右するとなれば、簡単に引いてしまうのはNGです。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが、外国の方とのコミュニケーションのとり方のコツを紹介しています。

言葉に振り回されない

昔からつくづく感じることですが、コミュニケーション能力の高い人はうらやましいなぁと思います。知らない人が相手でも、余計なことを考えて、足踏みしているのではなく、どんどん触れ合って、仲良くなったり、新たな情報を得ていくからです。そういう人たちは、それがたとえ、言葉が通じない外国人相手だったとしても気にせず仲良くなれます

私の幼馴染にも一人、そういうタイプの友人がいて、「英語が喋れないから英語を勉強しにいく」と言って、フランスへ渡った猛者がいました。フランスでも、なぜか英語が通じにくい農村部へ行き、ワイン農家でワイン造りをやっていたと思ったら、いつの間にか、中国で暮らしていたり、日本へ帰国する直前はカナダで暮らしていたりと、よくわからない行動をするタイプの人間です。中身は子供のような友人なのですが、大した言語力がないにも関わらず、世界中に支えてくれる友人がいます。

そんな人たちを見るにつれて、よく感じるのが、コミュニケーションとは、言葉どうこうよりも、「わかろうとするかどうかだと思うのです。これがものすごく大事。

例えば、言葉はわからないけれど、外国人と仲良くなれてしまうような人たちをよく見ていると、外国人が何かを話していても、言っていること自体はよくわかっていません。でも、何かを伝えようとしているのはわかるので、日本語ででも、「こういうこと?」とか聞いたりして、「OK、OK」と、話が進んでいくわけです。

わからないから諦めるのではなく、「わからないから、わかろうとする」ということですね。結果的に、言葉が伝わっていなくても、コミュニケーションそのものは取れているので、相手の外国人も特に気にすることなく、楽しんでいます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • 諦めたらそこで売上半減だよ。言葉の通じない相手に伝える方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい