「たま」「ポチ」考。あだ名が「ポチ」の国民的英雄は誰か?

shutterstock_654539092
 

裏の畑の大判小判の在り処を正直じいさんに教えた犬の名前は「ポチ」ですが、「ポチ」という名前の人はいるのでしょうか?そんな疑問を抱いたのは、メルマガ『安恒理の「ここでしか書かない話」~メディアの裏を読む~』の著者でジャーナリストの安恒理(やすつね・おさむ)さんです。安恒さんによれば、ポチという人は見つからなかったようですが、ポチというあだ名で呼ばれていた国民的英雄の存在と、ポチという主人公が出てくるドラマの存在を確認したようです。

猫の「たま」、犬の「ポチ」。人間にその名前があるか

前号の自民党総裁選における予備選に関して思い出したネタがあった。ヒートアップする地方選においてある陣営から、「(対抗馬の陣営は)猫にも投票させている」という声が上がった。よくよく調べてみると投票者のなかに「高橋たま」というお婆さんがいて、その「たま」という名前から「猫にも投票させた」という風評が広がったというのが真相らしい。

NHKで『ネーミングバラエティー日本人のおなまえっ!』という番組をやっているこれに触発されたわけではないが、今週は人名について雑感を記したいと思う(スクープ的な内容はないので、その点についてはご容赦を) 猫の名前として「たま」は定番となっている。国民的人気番組、アニメ『サザエさん』に出てくる猫も「タマ」という名前だった。(以下、ネットで検索した情報を交える)なぜ、猫(雌猫?)に「たま」という名前が多いのか?いくつか説があるようだ。

  • 玉のように丸くなって寝るから
  • 毛糸など玉にじゃれるのが好きだから
  • 玉のようにかわいい。
  • 宝玉のように大切にされた
  • 豪徳寺(東京・世田谷)というお寺の和尚さんが飼っていた猫(招き猫のモデル)がタマという名前で、これが全国に広まった
  • 猫は祟るということから「魂」「霊」から来ている

一方、犬の名前で一般的なのが「ポチ」。ポチが犬の名前として多く使われるようになったのにも諸説ある。

  • フランス語で「かわいい」「小さい」を意味する「putit」(プチ)から来た。むかし、来日した外国人がチンを見て「プチ」と言っているのを、ポチと聞き違え、「これはポチというのか」と勘違い。以来、ポチが広まった。
  • 英語の「spotty」(スポッティ=ブチ犬)、あるいはチェコ語で「来い」を意味する「pojd」(ポチュ)に由来する。あるいは英語の俗語、petipooch(プーチ=犬)から来ているとも。

明治時代は犬の名前でポチは大人気だったというが、現在では犬の名前ランキングで30位程度だという。

冒頭の話に戻るが、猫に投票させたと誤解を受けた「高橋たま」、「たま」という女性名はかつてなら多くあった(現代では、新生児にたまとつけるのはレアケースだろうが)。しかし、さすがにポチという人名をつける実例は見たことがない

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 「たま」「ポチ」考。あだ名が「ポチ」の国民的英雄は誰か?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい