「作文力」は書く力よりも読む力。作文を上達させる3つの方法

shutterstock_116496178
 

算数などと違い「作文」の教え方がわからないという親御さんは多くいます。しかし、メルマガ『言葉の森 オンラインマガジン』では、作文を上達させる方法ははっきりしていると、3つの方法を教えてくれます。普通の勉強より時間もかかり、親の協力の仕方も少し違う3つの方法とはどんなものなのでしょうか。

作文力をつける第1、第2の方法

作文力をつけるのは、一般にかなり時間がかかります。算数や英語など、主に知識の勉強は、始めてからすぐに成果が上がり、3ヶ月も一生懸命やれば見違えるほどできるようになります。苦手だった科目が得意になるぐらいの大逆転の成果が出ることもあります。 ところが、作文の場合はそうではありません。上達することは、もちろん必ず上達しますが、普通の勉強よりもずっと時間がかかります。しかし、上達させる方法ははっきりしています

第1は、事前の指導をしっかり行うことです。何をどのように書くかという指示をもとに、目標を持って書く練習をすることです。ただ漠然と作文を書いて、赤ペンの添削を受けただけでは、作文力はつきません。 例えば、学校から日記を書く宿題が出されたときも、ただその日にあったことを書くのではなく、たとえを入れて書くとか、会話を思い出して書くとか、「どうしてかというと」という理由がわかるように書くとかいう目標を決めて書く練習をするのです。

この事前の目標のひとつに、身近な人への取材というものがあります。作文に何かを書く場合、それと似た話を身近な両親に取材します。すると、そこで生まれる親子の対話の中で、題材力、語彙力、主題力がついてくるのです。

第2は、音読、暗唱、読書など、生活の中で自然にできる日本語の読み取りの練習をしていくことです。作文力の土台にあるのは、書く力よりもむしろ読む力です。

音読については、学校や塾でも取り上げられるようになってきましたが、やり方はまちまちです。音読に必要な文書は、やや難しい説明文的な文章にしていく必要があります。そして、2、3回読めばいいというのではなく、何度も繰り返して半ば暗唱できるぐらいまで読んでいくことが大切です。この音読の練習の延長に、暗唱があります。また、生活の中で、自然にできるのは読書です。日常生活の中で、毎日の習慣として無理なく行える勉強が、音読、暗唱、読書なのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 「作文力」は書く力よりも読む力。作文を上達させる3つの方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい