【訃報】『いぬのおまわりさん』作曲家の大中恩さん死去、94歳

2018.12.04
47
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_114445162
 

童謡「いぬのおまわりさん」「サッちゃん」「おなかのへるうた」などの作曲を手がけた、作曲家の大中恩(おおなか・めぐみ)さんが3日、菌血症のため亡くなったと、新聞各紙などが報じた。94歳だった。

父は「椰子の実」を作曲した作曲家の故大中寅二氏、詩人の故阪田寛夫氏は従弟。

東京音楽学校(現東京芸術大学)作曲科に入学後、学徒出陣し海軍に召集された。終戦後に復学し同校を卒業した後は、合唱曲や童謡を中心に手がけている。従弟の阪田氏が作詞した「おなかのへるうた」「サッちゃん」などは、現在も世代を超えて歌い継がれている。


※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: shutterstock.com

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【訃報】『いぬのおまわりさん』作曲家の大中恩さん死去、94歳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい