入浴だけじゃない!飲んでもカラダにいい温泉「飲泉」のススメ

shutterstock_1031219869
 

入浴以外の温泉利用といえば、「温泉卵」や「温泉饅頭」などが思い浮かびますが、元『旅行読売』編集長の飯塚玲児さんがメルマガ『『温泉失格』著者がホンネを明かす~飯塚玲児の“一湯”両断!』で紹介するのは、温泉のお湯を飲む「飲泉」です。泉質によって病気の改善も期待でき、食事もより美味しくなるというさまざまな効用を、注意事項とともに教えてくれます。

「飲泉=温泉を飲んで」健康になる!

温泉は入浴するだけでなく、湯を飲む、つまり“飲泉”をすることで療養効果があることをご存じだろうか?本メルマガ読者の多くにとっては常識なんだろうが、案外一般の旅行客はその効用をご存知でない方が多いようなので、今回は飲泉についてざっくりと解説をしてみたい。

環境省指針(平成26年)では、温泉を飲用する際の適応症(いわゆる効能)の掲示基準を、泉質別に定めている。これは環境省のHPなどでも読むことができる。心地よく温泉に浸かるとともに、湯を飲むことで「糖尿病」や「痛風」、「ドロドロ血」にも改善効果が期待できるとなれば、積極的に実践したいところだ。

ただし、どんな湯でも飲んで良いというものではない。同指針では「温泉飲用の1回の量は一般に100~150ml程度とし、その1日の総量はおよそ200~500mlまでとすること」、「15歳以下の人については、原則的には飲用を避けること」、「飲泉は決められた場所で、源泉を直接引いた新鮮な温泉を飲用すること」など注意事項があるほか、温泉成分ごとの細かな飲用量の規定が定められている。

これは書いているとものすごい分量になってしまうのでかいつまんで解説すると、たとえば高血圧の人が塩分濃度の濃い温泉を大量に飲むと、当然これは体に悪いことになってしまう。こうした飲用の定めに関しては、温泉施設の飲泉場などに掲示されている注意事項を参考にするといい。

また飲泉する場合は、湯口から湧き出したばかりの新鮮で清潔な湯を飲むことも大切。循環ろ過式の温泉などは、湯口からでもけっして飲んではならない。

クセのない単純温泉などでは、温泉で炊いたご飯や、温泉粥を出してくれるところもある。焼酎の温泉水割などを味わうことができる宿も少なくない。

ことほど左様に、いいことづくめのような「飲泉」だが、温泉は“良薬口に苦し”というものが少なくない。苦いだけではなく、渋い、塩からい、鉄臭いなど、総じてそんなにおいしいものではないことの方が多い。僕の大好きな『花山温泉 薬師の湯』の湯なんぞは、おそらく日本一まずい温泉だと思う。

その一方、飲泉によって胃腸が刺激され、その後の食事がいっそうおいしくなるということもある。飲泉は原則として食事の30分程度前にするのが良いとされている(例外もあり)のは、そうした意味もあるだろう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 入浴だけじゃない!飲んでもカラダにいい温泉「飲泉」のススメ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい