中国が「一帯一路」に作ったタックスヘイブンに群がる富裕層たち

shutterstock_769505134
 

中国の有名女優、范氷氷さんが脱税をし、巨額の追徴課税と罰金の支払いを命じられたことは日本でも話題となりました。この事件の背景には、半ば公然となっていた映画関係者の脱税や、中国富裕層が当たり前となっている資産隠しの実態があると指摘するのは、メルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』の著者で、元国税調査官の作家・大村大次郎さん。大村さんは、中国の富裕層に資産保持の観念が強い納得の理由など、彼の国での脱税と資産隠しの事情を解説しています。

現代中国脱税事情

昨今、中国の有名女優の范氷氷さんが巨額の脱税をしたとして、大きなニュースになりました。まずは、以下の記事を読んでください。

【北京=西見由章】中国の税務当局は3日までに、著名女優の范氷氷(ファン・ビンビン)さん(37)が脱税していたとして追徴課税や罰金など総額8億8400万元(約146億円)の支払いを命じた。指定期日までに支払わなければ刑事責任を追及するとしている。国営新華社通信が伝えた。

范さんの脱税疑惑については5月、著名キャスターがインターネット上で告発し、6月以降は范さんの消息が途絶えていた。当局は今回の事件を受けて、映画業界に対し「年末までに自ら申告漏れを届け出た場合は行政処罰を免除する」と通告。脱税の横行がささやかれる業界への“見せしめ”となった形だ。

新華社によると、范さんは旧日本軍による重慶爆撃を題材とする中国映画「大爆撃」の出演報酬をめぐり、当局に提出しない“ウラ契約書”を作成して所得税など730万元の支払いを逃れた。さらに法定代表人を務める企業に2億4800万元の税金未払いが判明し、うち1億3400万元が意図的な脱税と認定された。

「大爆撃」では米俳優ブルース・ウィリスさんが中国空軍を支援した米義勇航空部隊「フライング・タイガース」の教官役を演じ、范さんも特別出演している。ただ7月に発表された新ポスターから范さんの名前が消え、国内の封切り時期も当初予定の8月から10月に延期されたため、出演シーンがカットされるのではとの憶測も広がった。

范さんは3日、6200万人以上のフォロワーを持つ中国版ツイッター「微博」に謝罪文を掲載。「自らの行為を深く恥じる。資金を工面して罰金と追徴金を払いたい」としている。(2018年10月3日産経新聞配信)

范氷氷さんは、日本や香港、韓国などの映画にも出演していました。近年はハリウッドにも進出し、2014年には『Mメン・フューチャー&パスト』に出演。アメリカのフォーブス誌が発表した2015年世界女優収入ランキングでは、年2100万ドル(約23億5千万円)で4位となっていました。

しかし、2018年5月、CCTV(国営中央テレビ)の元キャスターである崔永元(チェ・ヨンウォン)氏が中国版ツイッター「微博」で范さんの脱税疑惑を指摘しました。「大爆撃」という日中戦争を描いた新作映画に関して、正規の出演契約書以外に裏の契約書をつくり、正規の契約書の5倍の出演料を受け取っていたとのことでした。その契約書の写真が「微博」で公開されたのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 中国が「一帯一路」に作ったタックスヘイブンに群がる富裕層たち
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい