一本も売れなかった「マッチ売りの少女」の販売方法がNGな理由

 

物を売りたいのなら、自分たちが買ってもらいたいという売り方ではなくて、お客様が欲しい買いたいと思う売り方で売らなければ、売れることはないのです。そこを誰か少女に教えてあげて欲しかったと思ってしまいます。

まぁ童話の話はもういいとして、自分たちの売り方をちょっと振り返ってみてください。「私たちはこんなに買ってもらいたいんです」「せっかく良い商品仕入れたんだから、買ってくださいよ」と、お客様のメリットを顧みず、自分たち本位の視点で売りにいってはいないでしょうか?

そんなわけないと思っているつもりでも、意外とお客様目線で見てみるとそれに近い売り方をしていることなんてザラにあります。どんな売り方が、自分たち本位に感じる売り方なのか、ぜひ改めて考えてみてください。きっと、お客様への言葉のかけ方ひとつから、変化があるはずです。

今日の質問です。

  • 自分たち本位の売り方に感じられる売り方はどんなものですか?
  • お客様が買いたいと感じる売り方との違いは何ですか?

image by: Shutterstock.com

販売力向上講座メールマガジンこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 販売力向上講座メールマガジン 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 一本も売れなかった「マッチ売りの少女」の販売方法がNGな理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい