幸せでない大人に育てられた子がいつまでも子供でいたいと思う訳

 

まず、自分が幸せになること自己犠牲もほどほどに

大人自身も、健やかに成長をする。健康に気遣う。勉強もして、向上的変容を目指す。

子どもの幸せと成長を親は願う。それならば、自分自身の幸せや成長をないがしろにしない

何度か紹介している、山口県の子育て四訓を引用してしめる。

  1. 乳児はしっかり 肌を離すな
  2. 幼児は肌を離せ 手を離すな
  3. 少年は手を離せ 目を離すな
  4. 青年は目を離せ 心を離すな

要は、子どもの幸せを願うのも、発達に応じた距離感が大切である。べったり「あなたのため」に尽くすのは、乳幼児まででいい。自己中心的利他の精神で、子どもも大人も、ともに幸せに成長したい。

image by: Shutterstock.com

松尾英明この著者の記事一覧

『まぐまぐ大賞2014[無料部門]教育・研究』の大賞受賞メルマガ。実践例を通して、教育観を磨きながら、具体的な手法にもふれていきます。「教育を志事にする」を信条に、真に役立つ実践的な情報だけを厳選してお伝えします。教育関係者を中心に、子どもに関わる全ての方々に向けて発信します。登録・解除ともにすぐできますので、ご一読よろしくお願いいたします。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術 』

【著者】 松尾英明 【発行周期】 2日に1回ずつ発行します。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 幸せでない大人に育てられた子がいつまでも子供でいたいと思う訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい